THE NEW GATE(漫画 あらすじ)

スポンサーリンク

本日は『THE NEW GATE』についてお話をしていきたいと思います。

異世界漫画です。

戦闘シーンもそこそこ多く、ただ闇雲に戦うだけでなく、戦うところにきちんと理由がある感じがしてとても好感がもてます。

他の漫画と違うと感じたことは、設定上6人のハイヒューマンの一人なのですが

その中でも主人公の鍛冶スキルが異常に高く鍛冶を行っている場面も圧巻で見ごたえがあります。

では、少しあらすじに触れていきたいと思います。

 

漫画 あ ら す じ

デスゲームと化した『THE NEW GATE』の中にいた主人公『シン』

ラスボスであるオリジンを倒し、ゲーム完結に向け他プレーヤーがログアウトのを見届けながら、感傷に浸っていたとこ

突然扉があらわれ、その扉が開き、光が放たれ気づけば『異世界に来ていた』。

その異世界は、『THE NEW GATE』の世界に類似しており、現状把握をすべくステータスをオープンすると

ラスボスオリジンを討伐した恩恵の

チート能力

  • 臨界者 ⇒ 全ステータス解放
  • 到達者 ⇒ 全能力値二倍
  • 解放者 ⇒ 行動を制限・禁止するアイテム及び魔術・罠等を無効化

を取得しており。

元々ラスボスを倒すほどのステータスとスキルを所持していた『シン』はとんでもないステータス値となっていた。

とりあえず一息つくため、わが家である『月の祠』へ向かう。

 

月の祠

以前より、所持していた『シンの家』『武器屋』であり、所有者本人のみペンダントに変換し持ち運びが可能な家

転生後の世界では『滅亡したハイヒューマンの店』『シュニー・ライザーの店』とされている

ハイヒューマンの従者であるシュニー・ライザーの実力は一国にも匹敵するため、各国が懐柔するべく動いている。

 

月の祠についた『シン』はティエラ・ルーセント(店番・女エルフ)と出会い、呪いのせいで魔物をおびき寄せる体質であることを知る。

ティエラの呪いを解き、その感謝の気持ちとして『月の祠の紹介状』を貰う。

シンがハイヒューマンだという話をするも、ティエラは軽く聞きながしてしまう

 

そのため、宿無しとなった『シン』はとりあえず王国に向かうことに

月の祠の紹介状のお蔭で、難なくベイルリヒト王国へ入国できた『シン』は冒険者登録を行い、様々な困難にでくわしていくお話です。

 

漫画 みどころ

①ゲームと、転生後の自分以外のキャラ

主人公は元々はゲームとしてこの世界にいたため、プレイヤーではないキャラには自我がないのです。

しかし、転生後の世界ではプレイヤーではないキャラにも自我があるのです。

勿論ゲームとして存在していた頃の『記憶』もあります。

主人公が復活するまでのそれぞれの思い等々

ゲームであったはずが、各々の思いがあってとても気持ちのいいお話です!

 

圧倒的強さ

転生後の世界では伝説である『ハイヒューマン』

それだけでも圧倒的な強さなのに、チート能力がその力を更に引き上げている。

まさに『別格』

見ていて凄い伝わってきます。

強すぎて清々しいですよ(笑)

 

③特殊な鍛冶能力

鍛冶を行う姿を見て、その鍛冶スキルが『チート』だと感じれる。

これはとても凄いことだと思います。

なかなか鍛冶をしている姿をみて、チートだと感じられるのは難しいと思います。

 

魔法を使い、金属を繊維状にして加工してみたり、色々な凄さが伝わってきます。

間違いなくみどころの一つです!

 

その他『オススメ漫画』

 

その他 オススメ漫画 カゴテリー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です