四月は君の嘘(あらすじ)

スポンサーリンク

四月は君の嘘

とっても素敵なお話です。

わたくしまさやんは、新川 直司さんのお話がとても好きです。

前談しすぎると、ネタバレしそうなので、あらすじに参ります!

 

あらすじ

主人公:有馬 公正(ありま こうせい)14歳

  • ピアノの元天才
  • 様々なコンクールで賞を取っていた。
  • ヒューマンメトロノーム、譜面の僕などと呼ばれていた。
  • 11歳の母親が亡くなり、ピアノが弾けなくなる

公正にとってのピアノは、母親から強要?母親のために弾いていたもので、母親が亡くなったことによりピアノを弾く『理由』を失っていく

 

そんな有馬 公正は14歳になり、

幼馴染である『椿』活発なスポーツ少女、『渡 良太』サッカー部部長(イケメン)と三人で楽しく平凡な中学生活を送っていた。

そんなある日、ヴァイオリニスト『宮園 かをり』と出会う。

 

かをりは渡の事が好きだということで、椿が渡りを紹介することに

その際構成も連れ出された。

しかしその出会いは鮮烈で、公園で子供を携え、楽しそうにピアニアを演奏していたかをりは、とても鮮やかで美しいもので、とても自由に音楽を楽しむ姿は

公正にとって止まっていた時間を動き出させてくれるそんな予感のする瞬間であった。

 

しかし『宮園 かをり』はとてもじゃじゃ馬少女で、ヒューマンメトロノームと呼ばれた、公正とは真逆の様な少女である。

しかし、先程もお話しましたが、かをりは渡の事が好きなのです。

うーーーんw

複雑!

 

しかし、じゃじゃ馬少女のお蔭で公正はピアノへの向き合い方、考え方がどんどん変わっていく。

今まで厳格で、譜面をそのままさらうだけのヒューマンメトロノームと呼ばれたピアノにどんどん感情が備わっていく。

10代のこの思春期だからなのか、とても壮大な話の様に聞こえます。

様々な人も出てきて、いろんな少年少女の感情が入り交じりとても見ごたえがあります!

 

みどころ

①それぞれの恋愛のあり方

それぞれが、青春しています。

甘酸っぱいお話なのですw

なんだろう、ネタバレしたくないからそんなに言えませんがw

やっぱりかw

そうだったのかw

にしても悲しいな!となりました。

 

公正のピアノ(過去と今)

過去の公正は凄すぎた。

今もなお進化をしているのだが。

いわゆる伝説のような存在であった公正

 

その公正は再度ピアノのステージに上がる。

期待・現実・母との過去

様々な事と戦いながら弾く公正

 

段々そのピアノは一人の女性のために弾くようになる・・・

言葉ではなく『音楽で語る』とてもうらやましい世界だなと思わされました。

 

その他『オススメ漫画』

 

 

その他 オススメ漫画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です