この素晴らしい世界に祝福を!(漫画 あらすじ)

スポンサーリンク

こんにちは!
まさやん(@0206maron)でございます!

この素晴らしい世界に祝福を!
異世界転生もののギャグ漫画です。
私は、アニメでこの素晴らしい世界に祝福を!『このすば』を知りました。

面白いので、第一期第二期どちらも録画を残して今も楽しんでおります。
(第一期はコチラ)(第二期はコチラ

よくある異世界漫画というと

  1. 前世で死亡
  2. 神様に出会い、チート能力取得
  3. 異世界で無双!!

ですが、この漫画神様に出会うまではいいのですが・・・
あまりにも態度の悪い神に対し、異世界転生特典に神様を選んでしまう。

しかし、その神は全く役に立たない。
むしろ足を引っ張っている『駄女神』だった・・

そんな、この素晴らしい世界に祝福を!
超おすすめです。
では、簡単にあらすじに参りたいと思います。

あらすじ

死後の世界へようこそ佐藤和真さん。
不幸にもあなたは亡くなりました。
・・・ですが、あなたにいい話があります。
天国に行ったり、赤ちゃんからやり直すよりも魅力的な・・・です。
そういうと、女神は微笑んだ。

俺の名は佐藤和真、16歳
平穏な現世で死んでしまったばっかりに・・・

異世界だ!
すげーーー!!
本当に異世界だ!!

剣を腰にぶら下げている人や、魔法使いの様な風貌の人。
獣耳に、エルフ。
異世界ファンタジー感にあふれる目の前の光景に和真は歓喜する。

しかし、その横でうずくまり落ち込んでいる女性が・・・
『あ~~~なんでなのよ!なんで私がこんなところのこなきゃいけないの??』

すると、和真が『あ~いやー悪かったよ、嫌なら帰ってもらっていいからさ』
そう言うと、女性は
『そんなホイホイ帰れた苦労しないわよ!』そう言って怒る。

お話は少し遡り、転生前・・・

前世で引きこもりであった和真は、新作ゲームを買うべく外出をしていた。
引きこもり過ぎた和真にとって外の直射日光が眩しく、視界を遮るほどのものに感じられた。

すると、『トラック』が女子高生に突っ込んていく!!
咄嗟に女子高生を助けるため飛込み、トラックに跳ねられて死んでしまった。

と思っていた和真だったのだが、真実は違っていた・・

  • トラックではなく、『トラクター』しかも、ただ挨拶をしていた女子高生
  • 突然押し倒して、怪我をさせた上
  • トラックに引かれたと勘違いして『ショック死』

をしたのである。

とても残念な結果。
このことを、初対面の女性から笑いながら知らされる和真。
恥ずかしすぎる・・・

とはいえ、死後の世界で日本において若くして死んだ人間を導く女神
『アクア』と出会う
アクアの説明によると

  • 転生先は魔王が存在する世界
  • 即戦力を求めている

そんな世界に若くして死んだ人を転生(未練のある人を蘇らせる)代わりに、魔王を倒してね!
ということのようだ。

しかし、和真は考える余地もなく即答で断る。

思いもよらない反応にアクアは『なんでよぉぉ』と和真に泣きつく。
正直すごく興味はあるけど、胡散臭すぎる。と意外と警戒心の強い和真。

しかしすっごい特殊能力や、とんでもない才能を持って行けるサービスが今ならある。
だからお願い♪

それをきいた和真は少し悩みながら、しかたないなぁとなる。
そこで、異世界になんでも一つ持っていける!ことを再確認する。
すると『そうよ!』とアクアは即答。

すると和真は『ならあんた(アクア)で』と和真は言う

『はい、わかったわ、じゃあ部屋の中央にある魔方陣に・・・ん??』
アクアはなんとなくいつもの流れで、契約を進めてしまう。

契約を進めてしまったため、魔方陣が作動する。
すると『承りました』と他の女神が現れる。

アクア様の今後のお仕事は、このわたしが引き継ぎます。

こうして、和真とアクアは異世界へ転生されてしまう。

泣き崩れるアクアに対し和真が
『泣くな、とりあえずこれからの事を考えよう!』
そういって和真情報収集しようと、アクアに色々質問をすると女神がこんな国の一つ一つのことなんか知らないわよ!と一蹴される。

その態度に和真は
『わかった、もう聞かねーよクソビッチ!』
(他のものより使えるかと思ったけど使えないなぁ・・)

そしてその辺の人に道を聞き、冒険者ギルドに到着。
受付に行き『冒険者になりたいんですけど』と恰好をつけながら言うと。
受付嬢は『一人千エリスになります。』
お金を取るらしい。

2人とも突然の異世界のため無一文困った・・・
するとアクアが突然自信満々に『見てなさい・・・』

そういうと近くにいるプリーストを呼び止め
『私はアクシス教団が崇めるご神体女神アクア! 』
『私の信者ならば、お金を貸してくれると助かります!! 』

しかし呼び止めたプリーストはエリス教徒であったが、お金は恵んでもらえたようだ。
こうしてなんとか料金を納め、冒険者登録を始める。

和真はギルドカード登録のステータスを表示される際期待をしていた。
俺の凄い潜在能力が明かされるのか・・・

しかし魔力、生命力、筋力全て普通です。
幸運だけは非常に高いですね!
冒険者より、商人の方が向いているかもしれません!!

出だしから、とても残念な結果。
ステータス的にも基本職(初級の職業)にしかなれないと言われがっかりしていると。

『はぁぁ!!なんですかこのステータス!あなた何者ですか!?』
受付嬢が興奮する。

アクアのステータスが高すぎるようだ。
知力以外のステータスがかなり高いアクア。
魔法使い以外の職業であれば、上位職にすぐ慣れますと言われ。
調子に乗るアクア。

悔しがる和真。
職業もきまったし、早速仕事だ!

そういって初めて受けた依頼は

『ジャイアントトード討伐』だった。
大型のカエルのモンスターだ。

初めての依頼だったためか、全く上手くいかなかった二人。

基本職の初心者と、上級職ではあるが回復職のプリースト。
これでは火力が全く足りない!

2人は仲間を募集することに!

なかなかすぐ来ないだろうこんなの、といいつつギルドで待つ二人。
すると・・・

募集を見てきたのですが・・・
ここでよろしいでしょうか?

そういうと少女は突然自己紹介を始める。

最上級職アークウィザードを生業とし、放つ必殺魔法は山をも崩し、岩をも砕く!!
紅魔族随一の魔法使い!!
我が名はめぐみん!!

すると和真は『冷やかしならお帰りください。』
おかしな子が来たと追い返そうとする。
しかしこの子、数日食事にありつけていなかった様子。
食事が欲しいと言われ、ごちそうすることにした。

そして、食事をしながらも話は進む。

アクアによると、紅魔族は生まれつき知能と魔力が高い種族。
種族のほとんどが、上位の魔法職に就いている。

そしてめぐみんいわく、その種族の中でも随一の魔法の使い手ということらしい。
疑いの目を向けられためぐみんは『わたしの実力を見せましょうか?』

そういうと、先程のジャイアントトードの群れがいるところに改めて向かう。
するとめぐみんは、発動に時間がかかるので、少し足止めをというと魔法を唱え始める。

『これが人類が行えるなかっで最も威力のある攻撃手段』
『これこそが究極の攻撃魔法』

『爆裂魔法』(エクスプロージョン!!)

それは物凄い威力の魔法。
カエルは一掃し、地形すら変えてしまう威力!!

す・・すげぇ!!
これが魔法か!!

ふと横を見ると、アクアが例のごとくカエルに食されていた。
しかし!侮るなかれ、さぁ偉大なる魔法使いよアクアもろとも・・・

めぐみんは、何故か倒れていた。

『わ・・わが魔法は威力も絶大だが、消費魔力もまた絶大・・・』
使用すると、しばらくは動くことさえ出来ないようだ。

こうして始まった和真の異世界暮らし。
変わった仲間に囲まれて、魔王を討伐する日は来るのか・・・

和真の冒険は続く・・・。

https://mannga-wo-osusume.com/2018/11/03/post-275/
https://mannga-wo-osusume.com/2018/12/09/%e7%95%b0%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ab%e6%9d%a5%e3%81%9f%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%81%84%e3%81%a0%e3%81%91%e3%81%a9%e5%a6%82%e4%bd%95%e3%81%99%e3%82%8c%e3%81%b0%e8%89%af%e3%81%84%e3%81%ae%e3%81%a0%e3%82%8d/
https://mannga-wo-osusume.com/2019/01/15/%e3%82%a8%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac%e5%85%88%e7%94%9f%ef%bc%88%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%80%80%e6%bc%ab%e7%94%bb%e3%80%80%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%99%e3%81%98%ef%bc%89/


その他 オススメ漫画 カゴテリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です