魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたいんだがどう愛すればいい?

スポンサーリンク

 

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたいんだがどう愛すればいい?

どう愛すればいいんだ!

少しノリで叫んでみました(笑)

主人公がコミュ障というか、あまり対話の経験が少ないというか

どう愛すればいいんだ!

となっています(笑)

とはいえ、圧倒的な力をもった魔術師である主人公がこのエルフと出会い少しづつ変わっていく姿もまた見ものです。

では、あらすじへ参ります。

 

あらすじ

主人公『サガン』18歳 魔導士 魔王候補

少し世界観を先にお話しすると

魔導士は少し行動が酷い人が多い。

  • 処女女性の顔の生皮を媒介とした魔術の研究している人が多い
  • 基本人を研究材料としか見ていない。
  • 肉体操作の魔術を行使し、1000年生きることが可能

など、人徳といいますか、モラルにかける人が多い様です。

その中でも、強力な魔力を持つものが魔王の称号を得るシステムの様で、

魔族が魔王というわけではなさそうです。

 

サガンは、築200年になる城に住んでおり、友達?と呼べる人というのが『バルバロス』しかいない。

あるひサザンのもとに『バルバロス』が訪問する。

そこで、魔王の一人『マルコシアス』が崩御(亡くなった)

その魔王の遺産がマルコシアスの領土大掛かりなオークションという形で出品されるという情報を知る。

サガンはオークションにそんなに興味がなかったが、バルバロスの軍資金が不足した場合のお金の借り入れ先(銀行変わり)として同行する。

 

会場に到着した二人は、

  • 『黒刃』キメリス
  • 『妖婦』ゴメリ
  • 『亡霊』ウォルフォレ

がいることを確認する。

(多分、大物達が勢ぞろいだよ!!ってことだと思います(笑))

 

すると、オークションの司会が言います。

到着早々ではあるが、その日最後の商品

『マルコシアス』に納品される予定であった商品

北の聖地にて捕虜された伝説の種族『エルフ』であります!!

 

『100万だ』(エルフ一人に払う金額ではない)

 

エルフに一目ぼれをしてしまったザガン

『ずっとほしかったものがあるんだ・・・』と即決で

他の入札参加者を寄せ付けず、一発で落札してしまう。

すぐさま会場の中央のエルフに駆け寄り、一言ご挨拶

不敵な笑みを浮かべながら

『こいつにはせいぜい、いい声でないてもらわなければ困るからな・・』

と言い放ち、怖がらせてしまう。

本人的には『これから色々なお話をしたいな』という意味で言ったつもりだったようだ・・・

ネフェリア 16歳 北の聖地に住んでいた エルフ

 

二人は城に戻った

すると、ネフェリアが

『私はどういった死に方をするのかを教えてほしい』と話し出す。

ザガンは驚く『なぜそうなった!?』

それはそうだ、脅した挙句、城には前の城主の拷問器具があちこちにあるのだから・・・

しかし、不器用ながらもネフェリアが必要であること、死のうとせずまずは俺の為に生きろ!

と伝えることが出来た。

これが二人の長い共同生活の始まりとなった。

 

そんな二人が初々しくも不器用に愛を育んでいく姿がとても微笑ましい印象をうけました。

まだ1巻しかでておりませんので、今後どうなるのか???

とっても楽しみにしております!

 

みどころ

①ザガンの強さ

魔王(候補)であるザガンは、元々孤児であったこともあり、ハングリー精神が旺盛であった。

他の魔術師と明らかに強さが違います。

エルフの嫁を守るときも圧倒的な力で、野盗(魔導士含む)を撃退します。

さすがは魔王(候補)!!

やはり、異世界ものの主人公は強くあってほしいですね!

 

②二人の愛の行方

ザガンは一目ぼれをし、全財産を使って奴隷として購入。

丁重に扱いたいが、コミュ障のため、うまく対話が出来ない。

 

ネフィリアは、魔術師=処女の生皮を生贄にする魔術を行使する

と思っている。

 

すれ違いは避けられませんね(笑)

とはいえ、思いは伝わる!

節々で思いやりを見せるザガンに、今は奴隷として嬉しく思うネフィリア

今後の展開に期待です!!

 

その他『オススメ漫画』

 

その他 オススメ漫画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です