この素晴らしい世界に爆焔を!(漫画 あらすじ)

スポンサーリンク

こんにちは!
まさやん(@0206maron)でございます!

この素晴らしい世界に爆焔を!
どこかで聞いた事ありそうな名前・・・

そう!!
この素晴らしい世界に『祝福』を!のスピンオフ作品!!
(この素晴らしい世界に祝福を!あらすじはコチラ

今回のお話の主人公はめぐみん。
この素晴らしい世界に祝福を!の少し前のお話。

学生時代のめぐみんに会える!!
なぜめぐみんは紅魔の里から旅に出たのか!?
登場シーンでつけていた隻眼の眼帯の秘話も!?

気になるこの素晴らしい世界に爆焔を!の漫画あらすじに参りたいと思います。

漫画 あらすじ

ここは魔王も怯む紅魔の里
生まれつき高い知能と魔力を持つ紅魔族の住む里
12歳になるとアークウィザードと呼ばれる魔法使いの上級職に就けられ
学校で魔法の修行を始める。
魔法を覚えることが即ち卒業
つまりこの教室の生徒たちはまだ誰も魔法が使えない。

学校の教室で、席について授業を受けるめぐみん。
『めぐみん!』(ゆんゆん)
『おや、ゆんゆんなんですか?』(めぐみん)
『なんですかじゃないわよ、今回のテスト絶対負けないからね!』(ゆんゆん)

そういうと、先生がテストの結果を発表する。

このテストとても重要で、上位三名には『スキルアップポーション』が授与される。
魔法やスキルを覚えるために必要なスキルを増やすことの出来る大人気のポーション。

三位 あえる!
二位 ゆんゆん!!
『さすがは村長の娘、よくやった!』
先生に褒められるが浮かない表情のゆんゆん

では一位 めぐみん!
『相変わらずの成績だよくやったな!』
『しかし、もう上級魔法を覚えてもおかしくないぐらいにスキルポイント貯まっていると思うんだが・・』

紅魔族は上級魔法を覚えることで一人前とされる・・・が、
めぐみんが覚えたい魔法はそれじゃない。

それは7年前

『エクスプロージョン!!』

物凄い威力の魔法を放つ女性に助けられためぐみん。
その女性が前かがみになり、めぐみんを覗き込みながら
『怪我はない?』と心配をする。

しかし、めぐみんはその女性の胸の多いさに『凄い・・』とあこがれを抱いてしまう。
『どうしたらお姉さんみたいに(胸が)なれますか?』

と女性に聞く。
すると『大魔法使いにでもなればきっと(爆裂魔法が使える)・・・』

完全に意味が錯綜する二人。

すると、真直ぐな瞳でめぐみんは
『さっきの魔法教えてください。』

という事があっためぐみん。
めぐみんは上級魔法を超える、爆裂魔法を習得することを目標としている。

『バン!!』
めぐみんの机をたたきながらゆんゆんが
『めぐみん!わかっているわね!!』

そう言われためぐみんは
『いいですよ』
『ちなみに今日の私のお昼ご飯はなんですか?』

実は二人は(ゆんゆんの)お昼ご飯と、スキルアップポーションをかけて毎日勝負をしている。

『今日のおかずは私が腕によりをかけ・・・』
『ってなんで私が負ける前提なのよ!』
ゆんゆんが言う。

そして、今日のふたりの勝負は・・・

『どちらがより、コンパクトで世界の環境に優しい女かを競うという事で・・』
【身体測定】

圧倒的に発育のいい、ゆんゆんにはふりな条件での勝負を始める。
すると、身長、胸、全てにおいて成長していたゆんゆん。

コンパクトなであることを前提とした勝負のため、圧倒的敗退。
しかし女としては・・・??
めぐみんは勝負には勝ったが、なんとも言えない気持ちになり、ゆんゆんに八つ当たりをする。

ある日の授業

今日は特殊な魔法について説明する。
お前たちは上級魔法こそが最高の魔法だと思っていると思う。
このよには上級魔法の他にも
炸裂魔法、爆発魔法、爆裂魔法と及ばれ、特殊な系統の魔法が存在する。

まずは炸裂魔法

  • 岩盤ですら砕く威力
  • 習得には上級魔法に匹敵するスキルポイントが必要
  • 土木系統の国家公務員になるためのスキル

次に爆発魔法

  • 伝説的なアークウィザードの得意魔法
  • 爆発魔法の連発の前に相対する魔物は成すすべもなく討伐される。
  • だが一発の魔力消費がすごいため、数発撃つのが限界。

以上、さて諸君これからは・・・

ここで、めぐみんが先生の言葉をさえぎり
『はい!先生残り一つの魔法爆裂魔法についてですが・・・』

爆裂魔法

  • 何の役にも立たない
  • バカ高いスキルポイントを貯めて習得しても
  • 余程の魔力を持つものでも消費魔力の凄まじさに一発も打てない。
  • 万一これを撃てたとしてもその威力はすさまじく、モンスターを仕留めた後、轟音に周囲のモンスターを引き寄せてしまう。
  • そう、爆裂魔法は寝た魔法なんだよ!

ネ・・ネタ魔法・・・
めぐみんはショックを受けてしまう。

その他、授業中で先生が
『我々紅魔族において戦闘の上で最も大切なものは何か??』

という問いに対し
ゆんゆんは
『冷静さ!何事にも動じない冷静さが大事だと思います!』
『5点!』(先生)

次にめぐみん。
『破壊力です。すべてを蹂躙する力!ちからこそが最も大切!』
『50点!』(先生)

なんだこの主席はこんなもんか・・・

あるえ!お前ならばわかるだろう!

あるえは、小さく頷く。
『恰好良さです!』
『百点だ!!』(先生)

こんな日常を送ってきためぐみん。
この素晴らしい世界に祝福を!を見た人は、めぐみんの原点を見たような気持になるこの作品。

『この素晴らしい世界に爆焔を!』
見逃してはならない・・・

その他 おすすめ 漫画

https://mannga-wo-osusume.com/2018/11/01/post-221/
https://mannga-wo-osusume.com/2019/01/22/%e7%95%b0%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e8%bf%b7%e5%ae%ae%e9%83%bd%e5%b8%82%e3%81%a7%e6%b2%bb%e7%99%92%e9%ad%94%e6%b3%95%e4%bd%bf%e3%81%84%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%be%e3%81%99%ef%bc%88%e6%bc%ab/
https://mannga-wo-osusume.com/2019/01/06/%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%ef%bd%9e%e7%95%b0%e4%b8%96%e7%95%8c%e4%bd%95%e3%81%a7%e3%82%82%e5%b1%8b%e5%a5%ae%e9%97%98%e8%a8%98%ef%bd%9e%ef%bc%88%e6%bc%ab%e7%94%bb%e3%80%80/


その他 オススメ漫画 カゴテリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です