さよなら私のクラマー

スポンサーリンク

さよなら私のクラマー

今回は四月は君の嘘(詳しくはコチラ)を書いていた、新川直司先生の漫画です。

 

漫画を購入するとき私は、インスピレーションで買ってしまうところがあり

この漫画はなんとなく表紙に惹かれて買ってしまった。

そして漫画を読み進めるにつれて・・・ん??

この絵と全体から匂わす表現どこかで・・・

新川直司先生の漫画でした!

 

表紙ちゃんと見ろよ!ですね(笑)

表紙から面白さが伝わってくる漫画!素敵ですね(笑)

では、あらすじへ参りたいと思います。

 

あらすじ

能見 菜緒子の記者会見、インタビューから始まる。

『勝てて良かった、私たちが負けてしまったら、日本女子サッカーが終わってしまう』

意味深ですねw

 

能見 菜緒子とは

  • 17歳でA代表入り
  • アジア最優秀選手
  • ブランデスリーガー優勝など記録ずくめ
  • 引退までの15年間、日本サッカーを引率したレジェンド

 

話は進み

女子中学サッカー

周防 すみれ率いる川口伊刈 VS 曽志崎 緑率いる戸田北

周防 すみれ

  • 効き足   左
  • ポジション 左サイド、走力が高く、ドリブル突破力もある
  • 性格    口数は少ないが、内なる闘志が凄い

曽志崎 緑

  • 効き足   左
  • ポジション MF、パスが得意
  • 性格    良く回りを見れている、眉毛がマロ

 

戸田北が勝利するのだが

川口伊刈の周防すみれが、突出した個であったため、チームに馴染めず

廻りに批判されてしまっていた。

そんな姿を見ていた曽根崎は、環境のせいで埋もれてしまっている才能が気にかかってしまう。

 

それとは逆に曽志崎 緑率いる戸田北は全国三位の成績を残し、そのボランチとして雑誌に取り上げられていた。

そんな二人は中学三年生の部活が終わり、各自の進路を決める時期となる。

曽志崎は周防を勧誘するべく、蕨青南(ワラビーズ) VS 浦和邦成の練習試合の観戦に誘う

この試合は浦和邦成が8-0で勝利する。

実力差からいうと当たり前の結果である。

浦和邦成

  • 県で一二を争う実力の強豪校
  • 曽志崎の先輩『チカさん』がいる

蕨青南(ワラビーズ)

  • 弱小高
  • 監督が全く指導してくれない
  • 来年から能美選手がコーチにくる

この時ワラビーズは、もめていた。

新三年生(現2年生)が、ぼろ負けした上、何もしてくれない監督に嫌気を刺し『田勢』だけを置いて去ってしまう。

その状況を見ていた二人、田勢が一人残されてしまい、一人で泣きながら練習する様をみて曽志崎周防と重ねてしまう。

『あなたと似ているわ、一人ぼっち』(才能が環境のせいで埋もれていく)

そして曽志崎は言う

『一緒のチームに行こう、高校でも、クラブチームでもいい。私があなたにパスを出す、一人になってさせないから』

こうして二人は同じチームに行くことに・・・・

 

そして春・・・

サッカー部新入部員への監督・キャプテンの挨拶

蕨南青 女子サッカー部顧問 深津だ。

部長の田勢です、一緒に頑張りましょう。

・・・あれ?(曽志崎

何故か二人はワラビーズに(笑)

 

周防はワラビーズを選んだご様子・・・

周防は、曽志崎に部長の田勢と同じだと言われたことで、共感を持ってしまいワラビーズを選んだ。

曽志崎は入部当時はいざとなれば、周防を連れてクラブチームへ移籍してしまえばいいやと思っていたが

どんどんそんな考えはなくなっていく、こうして二人はどんどんワラビーズの一員として女子サッカーを盛り上げていくこととなる。

 

みどころ

①全員が主人公

人というより、女子サッカー自体が主人公という感じの物語。

もちろん主たる面子がいるが、今後の女子サッカーの在り方や、どう未来に希望を繋いでいくか?などそういったお話が多く感じる。

一人一人にストーリがあって、信念がある。

それぞれのアスリートとしての感情も表現出来ており、気持ちが入り込んでしまう。

 

②恩田 希の才能

 まさやん一押し恩田 希(通称 のんちゃん)

  • 効き足   右
  • ポジション MF パス得意 ルーレットが得意 ボールタッチが上手
  • 性格    天真爛漫、いわゆる天才肌、頑張り屋、負けず嫌い

いろんな局面で、桁違いの才能を見せてくれる、『夢を見せてくれるプレイヤー』

中学時代は男子の中でサッカーをしてきた。

そのため、試合には全く出たことがなく『無名の天才』です。

少しキャラに特別感があったのですが、実はクラマーの前に

『さよならフットボール』という漫画を書いていらっしゃったようで、

出版とは逆の順番になりましたが、見ました!

やはり、のんちゃんのフットボールには夢がありました!

『さよならフットボール』も超オススメです!!

 

まとめ

新川直司先生の漫画は最高です。

まさやんは大好きです(笑)

さよなら私のクラマーを見てから、さよならフットボールをみました。

出版の順番からいうと、読む順番は逆だったのですが、のんちゃん最高でした(笑)

次は、さよならフットボールの記事を書きます!

是非見に来てください!!

 

その他『オススメ漫画』

 

その他 オススメ漫画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です