甘く優しい世界で生きるには(漫画 あらすじ)

スポンサーリンク

こんにちは!
まさやん(@0206maron)でございます!

本日は『甘く優しい世界で生きるには』のみどころ、漫画 あらすじについてお話していきたいと思います。

異世界物語。
『槍』の英雄の血筋に生まれた少年。

槍の英雄の孫として日々努力し、努力し、努力した。
槍の英雄の孫であるという誇りを胸に。

しかし、鍛錬すればするほど突き刺さる現実。
槍の英雄の一族でありながら
槍の適性が上がらない。
槍のスキルを覚えられない。
魔法の属性も一族の属性ではない。

槍の英雄の孫でありたい!

その思いが強かった分、心が折れたときの反動は大きかった。
少年は一族が見放してしまうほど非行に走ってしまう。

しかしそんなある日、前世の記憶が戻る。
それをきっかけに少年は少し大人になる。
今までの非行を詫び、どれだけ非難されようが前を向いて進むことを決める。

そんな少年の再起を描いた物語。

では、 甘く優しい世界で生きるにはの漫画 あらすじに参りたいと思います。

漫画 あらすじ

今よりおよそ20年ほど前、世界は突如現れた魔王により戦慄し、国は『四英傑』に助けを求めました。

しかし『四英傑』は誰一人城から離れることをしませんでした。

その時魔王討伐のたびに出たのが、のちに『雷槍の勇者』と呼ばれる、四英傑の一人炎槍の勇者ゼノ『一人息子 アラン』でした。

幾多の困難を乗り越え、平和を取り戻した『アラン』は、旅の途中に出会った聖女『セレナ』と結婚し幸せに暮らしました・・・

主人公 ドイル・フォン・アギニス(通称:ドイル)

  • 祖父  炎槍の勇者 ゼノ
  • 父   雷槍の勇者 アラン
  • 母   聖女    セレナ

という凄い一家の長男として生まれた。

少し時が経ち、ドイルは中学生になっていた。

その姿は英雄物語に目を輝かせていた少年の面影はなく、同級生を虐めたりと、非行に走っていたドイル
学校の先生でも手を付けられない状態であった。

世の中のすべてが『くだらない』

そう思っていたドイル。
影口を叩くやつも、ぞろぞろと集団んでつきまとう取り巻きも、ろくな指導力もなく、保身を第一に考える教職連中も

そして何より、父や祖父のように才能の無い自分自身が!
そんなことを考えながら鍛錬に励むドイル、鍛錬の途中で倒れてしまう。

意識を失っていた間、前世の記憶を少し取り戻す。

(大人の自分が車に引かれる・・そんな記憶)

そして意識が戻ったドイルは、大人であった時の記憶を取り戻したからなのか、精神的に落ち着きを取り戻す。

落ち着きを取り戻したドイルは、前世でも大した人生を送れなかった。
このままだと今世でも大した人生を送ることができない。
そう考えたドイル。

すると、今まで散々グレて家名に泥を塗ってきたドイルに対し、両親は変わらぬ愛で受け入れてくれ看病をしてくれた。
そんな両親の姿を見たドイルは

『報いたい、両親に、そしてこんな俺ですら、愛し期待してくれる全ての人に・・・』

と強い意志を持つ事となる。

グレていた自分と決別するために、ドイルがまず行ったこととは
『悪友(取り巻き)との別れ』である。

『今までありがとう、これからは俺なんかに付き合わなくていいよ』と決別の言葉を送り、学園(中学校)を卒業し、高等部に入学を迎える。

何か考えがあったのか、入学式を前に執事により、『上流貴族の気品』のスキルを伝授してもらう。

そして、迎えた入学式。

過去のドイル(グレていた時のドイル)が、学年主席を権力で跳ねのけ得た『新入生代表の宣誓』を良い機会と考えた今のドイル。

過去の自分への謝罪、今後の在り方など、恥ずべき自分であったことをさらけ出し、これからの自分について語る。

その後、会場内が半信半疑の中、王により『良い宣誓であった』と褒められ、会場は歓声に沸いた。

しかし、過去に素行が悪かったのは事実。すでに許容範囲を超えており、肉親であれ養護できなくなっており。

家を追い出されることが決まっていた。

しかし、それに負けず更生に向けて一歩踏み出したドイル今後どう更生していくのか楽しみです。

その他 おすすめ 漫画

https://mannga-wo-osusume.com/2018/11/09/post-353/
https://mannga-wo-osusume.com/2018/11/15/%e3%81%8b%e3%81%92%e3%81%8d%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%98%e3%82%87%ef%bc%81%ef%bc%81%ef%bc%88%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%99%e3%81%98%ef%bc%89/
https://mannga-wo-osusume.com/2019/01/25/%e8%87%aa%e7%a7%b0%e6%82%aa%e5%bd%b9%e4%bb%a4%e5%ac%a2%e3%81%aa%e5%a9%9a%e7%b4%84%e8%80%85%e3%81%ae%e8%a6%b3%e5%af%9f%e8%a8%98%e9%8c%b2%ef%bc%88%e6%bc%ab%e7%94%bb%e3%80%80%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%99/


その他 オススメ漫画 カゴテリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です