老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます(あらすじ)

スポンサーリンク

老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます。

まだまだ異世界初心者のまさやんは

異世界もの + 女性主人公

になれておらず、正直何度もためらって

結局異世界ものの漫画だから買いました(笑)

 

読んでみると、なるほど・・・

そういう感じか・・・好き!!となりました(笑)

ではあらすじに参りたいと思います。

 

漫画 あらすじ

主人公『光波』(ミツハ

  • 現在 18歳
  • 半年前に両親と兄を事故で亡くした
  • 天涯孤独の身となる

様々な困難(他の身内が保険金を狙って来たり等々)があったが

18歳のミツハは大学へ進学するか?お金かかるし就職するか??悩んでいた。

 

そんなある日、ミツハは海辺の丘で一人今後について悩んでいた。

すると

『どうだい?これからちょっと遊びにいかないか??』

三人組の男に声をかけられた(ナンパ)。

 

ミツハはすかさず

『ううん、もうすぐおとうさんとおかあさんが迎えに来てくれるから・・・』

ナンパ対策、子供のフリ!!

 

しかし、男は構わず『いいから、来るんだよ!!』と無理やりミツハを連れて行こうとする。

しかたない・・・自力で頑張るか!

ミツハは男の急所を蹴りあげた!!

横にいた別の男が、それに怒ってミツハを押す。

 

すると、押されたミツハは柵に寄りかかったのだが、柵が老化していたのか壊れてしまう。

そのまま、海へと崖を落ちてしまうミツハ

下には岩盤もあり、とても危険な状況

『死にたくないよぉ!!』

ミツハは必死にもがく・・・

 

『ブチッ!!』

『ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!』

ミツハが必死にもがいてる途中何かを握ったようだ

しかし、視界には何もない

何故かそのまま意識が遠のくミツハ・・・

『今のなんだったんだろう・・・』

 

次に目を覚ました時には森の中にいた・・・

ミツハは海辺の崖から落ちたはずだから、波打ち際の海辺にいたはず

しかし、海とはかけ離れた森にいた・・・

そして、二日ほど歩き続けて小道を見つけ、そこで力尽きていた。

 

力尽きたところを、心優しい村人に拾われ、今はその村人の家のベットで目が覚めたところだった。

海辺にいて、崖を落ちたはずなのに、無事&落ちた先?は森だったことについて、考えてみる。

  • 考えられる理由① 実は死んでいてここはあの世
  • 考えられる理由② 今病院で意識不明のまま夢を見ている
  • 考えられる理由③ 超常現象に巻き込まれ、どこかに転移された

出来れば、③であってほしいw

そう思うミツハのベットに銀色の髪、碧い瞳の美少女(10歳)の子供が飛び乗ってくる。

しかし、言葉が通じない。

なんとかジェスチャーで水と食料を頂き、落ち着いた。

 

そんなミツハに、少女(コレット)が話しかけてくるが通じない

ジェスチャーから察するに

少女がミツハを見つけ、両親に知らせ保護してくれたようだ。

命の恩人ということだ。

 

コレットに拾われて3日が経ち、少し慣れてきたミツハはコレットのお手伝いをしていた。

この日のお手伝いは山菜狩りだ。

意気揚々と二人で山菜を狩っていたところ、コレットが突然おびえる。

『ケル コロレ マルトネース・・・』

(危険な獣が近くにいるよ)

気配を感じたようだ

 

とりあえず、見つかる前に高いところにコレットを登らせた。

振り返ると、狼の親子(親1人 子3人)がそこにはいた。

コレットを守るため棒を投げ、狼の気を引き、一生懸命逃げるミツハ

しかし、普通の女子高生であるミツハが逃げ切れるわけもなく

すぐ追いつかれる!

 

『アォォォォォォォン!』

ミツハに狼が食い掛かる!

『まだ死にたくない、おとうさん、おかあさん・・・・』

『お兄ちゃあぁぁぁぁ~~~~んっっ!!』

目をつぶって顔を伏せるミツハ

 

!?!?

音が消えた。

恐る恐る目を開けると、自分の部屋にいた。

何!?何が起きているの~~~~!?

 

すぐ冷静さを取り戻すミツハ

状況を見るに、狼に襲われたのは夢じゃない。

コレットを助けるために

サバゲーオタクであった兄の、エアガン、ナイフ等々武装を行いながら考える

 

どうやって部屋に戻った??

自分の意思??

何がきっかけだろう??

コレットちゃんのところに戻りたい!』

そう強く願うと、元いた森に転移!

 

急ぎコレットを探し、見つけた。

コレットは登らせた木の上にいたが、下では狼達がコレットを狙っていた。

とても危険な状態だ!

 

なんとか武装してきた装備で狼を討伐するも

親狼討伐時に噛まれた傷から多量の血が流れ、意識が遠くなる。

 

ふと目が覚めると、白い天井が見える。

そして頭の中で声がする。

『言葉はわかるか小さきものよ』

小さいと言われムッとしたミツハは、声をスルーする

 

『言葉はわかるか小さきものよ』

これもしかして、返事をするまで続くのかな??

 

『言葉はわかるか小さきものよ』

はいはいw分かります わかります!!

 

実はこの声の主はミツハに『千切られた者』だった。

千切られた際、その神でもない何かの一部がミツハと一体化してしまったことにより

『世界を渡る能力が付加された』のであった。

 

千切られた何かは、痛みという経験を与えてくれたことに逆に感謝しており

その他の要望を聞かれる

ミツハは言葉の習得を求める。

千切られた何かの配慮もあり、ミツハが得た能力と状況は

  • 世界を渡る能力(能力使用の際は自分の部屋から隣の部屋に移動する程度の労力が必要)
  • 現地の言葉を理解する能力を得る
  • 異世界での暮らしでは、何があるかわからないため治癒機能も貰う。

 

こうして、自分の置かれた状況を理解したミツハ

この状況を利用して、お金儲け出来るのではないか??と考える。

こうして、ミツハの異世界と地球を行き来する暮らしが始まる。

 

漫画 みどころ

ミツハの機転

半年とはいえ、両親を失い、兄を失い、地球で一人で暮らしていた少女は逞しく育っていた。

商売を始めた日にはお客さんが来ず、二日目にやっと三人組の女性が来たときは

初めてのお客さんを逃がしたくなくて、テンパっていたのもあるが、赤字をしてでも宣伝してもらえるようにすべきと判断する。

そのことがミツハの商売を加速させていくこととなる。

少女が幼いながらにも、得た知恵がとても逞しく、みどころの一つとなっています。

 

②様々な出会い

初めて異世界に来た時も少女に助けられ。

王都で商売を始める前にも、伯爵に上手に取り入ってみたり

地球ではウルフファングという施設傭兵組織に顔をだし、金貨を購入してもらえないか相談を持ちかけてみたり。

着眼点が素晴らしいです。

 

いわゆる、営業活動がとても上手な少女という印象を受けました。

営業先全てに上手く取り入り、ものにしてしまう・・・

こんな恐ろしい営業がいたら、適う気がしませんね(笑)

 

③8万枚の金貨

何故8万なのか?

読めばわかるのですが

地球で20億のお金を貯める!これがミツハの目標です。

金貨1枚 = 2.5万円

金貨8万枚 = 20億円

ということですね!

 

18の少女が20億持っていたら・・・

養ってもらえるのでは!?(笑)

ちゃっかりした少女が

ちゃっかりお金を貯め

ちゃっかり老後を安泰にしちゃうよ!

なんてお話です(笑)

笑いもあるし、すっと読めてしまいます。

まさやん推せ推せの漫画の一つです!!

 

その他『オススメ漫画』

 

その他 オススメ漫画 カゴテリー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です