寄宿学校のジュリエット(あらすじ)

スポンサーリンク

寄宿学校のジュリエット

学園!恋愛!異世界?

さほど異世界感はないですが、現代にこの雰囲気の学園はきっとないない・・・はず!(笑)

宿敵であるはずの二人の恋愛模様を

時には面白く

時には真面目に!

描かれた作品です。

では、あらすじに参りたいと思います。

 

漫画 あらすじ

ダリア学園

  • 膨大な生徒数と敷地を誇る名門校
  • 二つの国から生徒が集い、二つの寮に分かれている。
  • 一つは、東和国専用『黒犬の寮』(ブラックドギーハウス)
  • 一つは、ウェスト公国専用『白猫の寮』(ホワイトキャッツハウス)
  • この二つの寮は、国自体が対立をしている影響を受け、寮同士も対立をしている。

黒犬リーダー 『犬塚 露壬雄

犬塚には、好きな人がいる

ジュリエット・ペルシア』(表紙の女性)だ。

しかし、この恋は叶わない・・・

何故なら彼女は、宿敵(白猫のリーダー)だからだ!

 

そして、いつものように小競り合いをする二つの寮

『ウェストのクソ貴族が!』犬塚が言う

『東和の野蛮人め!!』ペルシアが言う

『今日こそどっちが上か・・・はっきりさせるわ!!』

 

こうしていつもの様に多数対多数の小競り合い(喧嘩)が始まる。

その最中、両リーダー対決!

ペルシアは女性ながらにとても強く、他の男性にも引けを取らないほどである。

そのため犬塚に本気で勝負を挑む。

しかし、犬塚は大好きなペルシアに本気で殴りかかるなど出来ない。

『女相手じゃ本気出せないんだ!気が散ってしょうがねぇ!失せろ!!

などと言ってしまう。

 

犬塚は、敵国ながら大好きなペルシアを守るため、小競り合いをさせないように仕向けるために強い口調で言っていたが

そんな気持ち伝わる訳もなくペルシア女だから馬鹿にされているとしか受け取っていなかった。

校内での喧嘩事態勿論禁止されているため、教員が止めに入る。

こうして、いつも逃げるように小競り合いが集結する。

 

小競り合いが一段落し、一人悩む犬塚・・・

初等部の頃からいがみ合ってばっかで、高等部になった今でもまるで進展がない。

どうにかして振り向いて貰える方法はないのか??

悩んでも前に進めない・・・一度探りを入れてみようか・・・

犬塚は単身白猫寮に行くことを決めた。

 

そこで見たペルシアは、剣道場で他の男子相手に圧勝していた。

側近の男性に褒められるも

ペルシアは

『ただ強いだけではなく』

『世界すら変えてしまう、そういう強さを求めている』と話す。

しかし、そんな思いでいつも奮闘しているのに、女性だからという理由だけで馬鹿にされている犬塚が許せない!!

犬塚に対し、とてもご立腹であった。

 

遠くで見ていた犬塚は、なんとなく自分にご立腹であることだけが伝わっていた。

『俺には1㎜も可能性はないのかww』

更に悩む犬塚

 

そこに白猫寮にいたずらをしようとこっそり潜り込んでいた、黒犬の初等部の子達が捉えられていた。

普通は、殴って教育を・・・となるところだが

ペルシアは違った

本当の強さについて教え、こっそり潜り込むのではなく、正々堂々と向かっておいで。

と優しく諭して見せた。

 

その姿を見た犬塚は、やっぱり俺の気持ちを伝えたい!そう思わさせられていた。

 

黒犬の三人衆(犬塚をよく思っていない三人)がペルシア一人のところを狙い、襲う

卑怯な手を使い、催涙スプレーを使い動きを鈍らせ、動きを拘束し、服をカッターで破る!!

そして、口を塞ごうとした瞬間、犬塚がペルシアを助ける!

 

しかし、ペルシアが犬塚に向けた視線は怯えであった。

そして、涙を流しその場を立ち去る・・・

『終わった・・・』

この状況から挽回することは不可能だ、そう悟った

 

助けたはずが、どうして・・・

どこにもぶつけられない気持ちを胸に寮に帰る。

すると、先程ペルシアを襲った三人が寮の入り口で待っていた。

『自分のしたこと(横取り)わかってるな・・・表に出ろ』

 

しかし、表にでた三人は犬塚に瞬殺されてしまう!

すると、矢文が飛んでくる!!

『今すぐ広場の噴水の前に一人で来て、話があるわ byペルシア

これは、ラブレタ・・・なわけないな、果たし状か!?

 

すぐに噴水に向かった犬塚

そこで待っていたのは、両手に剣を持ったペルシア。

『さっきあなたは私を襲ったの?』

『それとも助けたの?』

襲ったとしたのなら、この剣で決闘を申し込むわ。

助けたとしたら、それは何故?あなたにとって私は敵でしょ?

もし助けた理由が同情なら、それは襲われたのと同じくらい辛い!!

『ライバルだと思っているから、あなたに弱いと思われることだけは耐えられない!!』

そういって涙を見せたペルシア

 

それを見た犬塚は覚悟を決める。

『分かった、本気を見せてやる。オレと決闘しろ』

『要は、本気でぶつかってきてほしいってことだろ?』

ペルシアは

『ありがとう、私の気持ちをくんでくれたのね・・・』

そういって剣を渡す。

 

両者剣を構え、時を待つ・・・

 

『うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!』

 

二人の剣が交差する!

好きだ!!!!付き合ってくれ!!!!!

戸惑うペルシア

『はあっ??』

ペルシアの顔は真っ赤だ

『何言ってるの!ふざけないで!』

『ふざけてない!俺は今までずっと好きだったから本気で戦えなかったんだ!』

 

『お前と一緒にいられるなら、こんな世界変えてやる!!

するとペルシアは、恥ずかしがりながらも

『付き合ってあげるから、世界が変わるところを見せて頂戴』

『ただし、私たちの関係は他の人には絶対に秘密だからね!』

 

こうして、対立するはずの二つの寮のリーダーが、ダリア学園(両勢力)の人に隠れて付き合うこととなった。

二つの国の対立、禁断の恋、様々な大きな壁がある二人は愛を育み、世界を変えることができるのか??

これからも目が離せないお話となっています。

 

漫画 みどころ

①犬塚の不器用さと真っ直ぐさ

禁断の恋を始めた二人、しかし思春期まっしぐら&初等部の時からの恋(10年近い恋)が叶ったとあったら、舞い上がってしまいますね(笑)

しかし、その舞い上がって色々やろうとするのだけども、全てが空振りする

しかし、最後はその真っ直ぐさでペルシアに気持ちを伝えていく。

何とも不器用で、真っ直ぐな恋をするんだw

とても見ていて楽しくなってきます。

 

蓮季の存在

犬塚はペルシアLOVE過ぎて恋愛対象ではなく、よき友人としてみている。

そんな蓮季は黒犬のマドンナ的存在である。

犬塚に恋をしており、いつも犬塚の心配をしている。

しかし、犬塚はペルシアと・・・・

蓮季の恋の行方はどうなる??

見どころの一つです!

 

③ジュリ男(ペルシアの男装)

犬塚が文化祭であったり、恋人イベント!!なのに立場上は二人ではいられない・・・

なんて時の必殺技『ジュリ男』(制服は犬塚中等部の時の制服)

男装したペルシアも可愛く、美少年過ぎて、男女問わず魅了してしまう。

その上、中身はペルシア。

立ち振る舞いも恰好がよく、強さも兼ね備えている。

なんて完璧少年なんだw(笑)

そんなペルシアの一面も可愛く、間違いなく見どころの一つです。

 

 

その他『オススメ漫画』

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です