どうやら私の身体は完全無敵のようですね(あらすじ)

スポンサーリンク

どうやら私の身体は完全無敵の様ですね(あらすじ)

異世界転生もののお話です。

前世で体の弱った少女、両親を残して他界してしまう。

その時少女が願う『次はもっと強い体に・・・』

気づくと転生していた!

転生後の自分の身体がそれはもう生まれながら最強だった

しかし少女は『平凡』を目指し日々を過ごしていく

そんなお話です。

ではどうやら私の身体は完全無敵の様ですねのあらすじに参りたいと思います。

 

漫画 あらすじ

体の弱い少女

その少女はベットの上でずっと生きていた。

ベットの脇で両親が泣いている。

『ごめんね・・・』

『最後まで親孝出来なかった。』

もう声が出ないほど衰弱していた。

 

神様もし生まれ変わることができるのなら

『どんなモノにも絶対負けない丈夫な体に産まれますように』

そう願うと、少女の意識は遠のいていった・・

 

『その願い聞き届けよう!!』

 

『生まれました、女の子ですよ旦那様!!』

『おお!!でかした!!』

『お前は今日から我がレガリヤ家の長子!』

メアリィ・レガリアだ!!』

 

状況を整理すると、

先程までベットの上で過ごしていた体の弱い少女の願いが聞き届けられ。

『記憶を残したまま、転生されたようだ』

 

年月が少し過ぎ、メアリィは3歳になっていた。

『動く!動くぞこの体は!!』

前世と違い、体がとても健康的なようだ!

この世界に3年過ごして分かったことがある。

  • 前世の現代社会とは違う
  • アルティア王国という王国である
  • 剣や魔法、モンスターや精霊なんかもいる世界

つまり、ファンタジー!!

ゲームみたいな世界にいるんだ!!

 

しかしメアリィは冒険をしようなんて思っていない。

普通の生活さえできればいいんだ。

だって危ないもん!

現世での願いは、長生きをして親孝行をすること。

無茶なことは言わないし、しないの!

 

すると、そこに父がメアリィのところに現れる。

メアリィに合わせたい子がいるんだ』

そうして紹介されたのは

ほんの少しだけ年上の使用人『テュッテ』であった。

今日からメアリィの身の回りのお世話をしてくれるようだ。

 

体がとても健康なメアリィはすっかりお転婆さん。

テュッテを連れて颯爽と屋敷を案内をしにいってしまう。

 

すっかり仲良しになった二人。

メアリィはテュッテを驚かせようと、倉庫に隠れていた。

『どこですかー??』

大きな木箱(2m真っ角)が積みあがってる裏に隠れていたメアリィ

 

『テュッテここよ!!』

木箱の裏から飛び出した際軽く木箱に足が当たる。

『ゴシャァ!!』

軽く当たっただけの木箱が壊れる!!

そして、壊れた木箱の上に積み重なっていた木箱がメアリィに崩れ落ちてくる!

 

危ない!

とっさに手を伸ばす。

すると、軽々木箱を支えられてしまう。

なんだこの力の強さは・・・

 

実はお父さんもそのような逸話があり、遺伝なのでは?

そう言われていた。

 

更に時が過ぎメアリィは7歳になっていた。

『パキィ!!』

紅茶を飲む用のコップのとってが折れた。

7歳になったメアリィは自分の力が強すぎて制御できない。

軽くコップのとってを持っただけで折れてしまう。

洋服を着るのも困難な状況で、テュッテが全てをしてくれているから生活が出来ている。

 

この国では『神託の義』という儀式があり

7歳の子供がその身に宿る可能性を神託で示唆される一大イベント

学力・知力・魔力ここで子供たちは将来学べきものを決める。

 

神殿にテュッテと向かうメアリィ

法具(ガラスの球体)に触れることで発光法具が発光する。

  • 赤色  武力
  • 緑色  魔力
  • 青色  知力

色が種類

色の濃さが力の強さ

光の量が総量となる。

 

メアリィは法具を軽く触れただけで破壊してしまうのでは??

という心配でいっぱいだった。

 

『次メアリィ・レガリヤ嬢』

 

前に出て法具に触れる。

景色が真っ白に変わる。

『久しいの異世界の少女』

この声、あの時の神様!

『いかにも、どうだ新しい世界は??』

はい、とっても楽しいです!!

『そうか、そなたの願いを叶えらられたようでよかった』

 

突然神様が説明を始める

  • 攻防速
  • 身体能力と魔力並ぶもの無しに補正
  • 物理・魔法攻撃を無効
  • 常時発動スキルつき

これで、どんなモノにも負けない丈夫な体になったぞ!

 

ちょっととんでもないチート能力のようだ。

しかし丈夫な体を望みはしたが、危険は避けたい

平凡を守るため、このことを隠し続けることを決める。

果たして、本当に平凡な第二の人生となるのか?

 

漫画 みどころ

①可愛すぎるメアリィ

とてもはかなげで、謙虚で、はたから見ていると助けてあげたくなっちゃう少女である

顔が可愛い、性格が可愛い、表情も可愛い、動作も可愛い。

可愛さも完全無欠です!

 

②メアリィの強さ

この世界の魔法は、適齢にならないと学んではならないという法律がある。

しかし、チートさんなメアリィはなんとなく絵本でみただけの魔法を行使して見せる場面が・・・

力も強い、魔法も勉強することなく伝説級の魔法を行使

物理・魔法攻撃が無効化

普通の人は冒険していたら危険だけど

メアリィは安全なきがするほどです(笑)

とはいえ、ここまでの才覚を世界がほっておくわけがない。

メアリィの平穏は本当に続くのか・・・

この先の展開から目が離せません。

 

 

その他『オススメ漫画』

 

その他 オススメ漫画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です