異世界転生に感謝を(あらすじ)

スポンサーリンク

 

異世界転生に感謝を(あらすじ)

異世界転生系のお話で、ゲームの世界に入っちゃった系のお話です。

現世ではおじいちゃんだった『ジン』転生後もおじいちゃんの様に

まったり、ほっこりした雰囲気をまっとっています。

そんな『ジン』の異世界転生暮らしを描いたお話です。

では、異世界転生に感謝をのあらすじに参りたいと思います。

 

漫画 あらすじ

主人公『神宮寺 真一』(じんぐうじ しんいち)は

『ジン』として絶賛VR-MMORPGを堪能中であった。

昼食をとるため、食堂で料理を待つジンに早速食事が届く。

 

すると、ジンはとても目を輝かせ喜ぶ。

『この見た目!!』

『ちゃんと熱い!!』

『香ばしい匂い!』

そういいながら、嬉しそうにするジン

 

『では、いただきます!』

食事をとろうとしたジンに、同席していた町の兵士パークが問いかける

『そのいただきますってのはなんだ??』

なぜだろう?いただきますを知らないようだ。

特段気にしていない様子のジン、食事を終え

街を歩いていた。

 

神宮寺 真一

  • 年齢 70歳を過ぎている。
  • 昔からゲームが大好き
  • 医者に止められるほどゲームをしていた。
  • VR-MMORPGのようなゲームをずっと夢見ていた。

 

街を歩くジン。

獣人・エルフ・ドワーフが街には暮らしており、それらを見ながらとてもリアルだなぁ・・・

なんて思いながら街を歩いていた。

 

すると

『どしゃぁ!』

アイスを食べていた子供がジンの足元で転び、アイスがジンのズボンに付いてしまった。

少女が大きな声で泣き出してしまった。

『うわぁぁぁぁぁん!!アイスがぁぁ!!!』

それをみたジンは落ち着きながら、

『お・・お兄さんが新しいの買ってあげるから』

そういって、すぐそこのアイスを売っている屋台に向かいアイスを注文する。

 

『はい、銅貨二枚だよ。』

支払いをしようとするも、銅貨を持っておらず。

ゴールドを出すと

『おい、兄ちゃん!あんた馬鹿か!?こんな通りで滅多なもんだすんじゃねえよ!!』

そういって、アイス売りのおじさんに怒られた。

どうやら、ゴールドは高価すぎて取り扱えないほどのもののようだ。

 

なにかがおかしい・・・

宿に戻ったジンは一人考え込む。

ゲーム内通貨はゴールドのはず。

なのにあの態度はなんだ??

ステータス画面を開き、サポートセンターに問い合わせようとするが

そんなボタンが無い。

何故だ!?

ヘルプもログアウトもリターンもエスケープも

なんのボタンもない・・・

 

すると、ポーーンという音と共にお知らせが届く。

  • 精神と肉体の保全完了
  • 『神宮寺真一』の≪地球≫からの消滅を確認
  • 精神と肉体の再構築完了
  • ≪ジン≫の『ラッテ』への転生を確認

と書かれている。

転生・・・!?

ジンは動揺を隠せない。

しかし、さすがは年の功すぐに冷静さを取り戻し、現実を受け止める。

こうして始まったジンの異世界暮らし。

ゲームの世界にあこがれ続けた一人の男性が、異世界にきて何を成すのか?

 

漫画 みどころ

①ジンの性格

転生後の肉体は18歳のジン

しかし、前世では70歳まで生きたご老人

そのためジンは18歳らしからぬ落ち着き、やさしさ、温厚さ等々

年の功を感じさせる。

やはり一昔前の人であるため、礼節をとても重んじており。

ありがとう、いってきます、こんにちわ等々きっちりでき

いつも笑顔

そんな彼に心動かされる人も・・・

 

②女性陣

気になるのはやはりそこですね!!

今のところ一巻では3人出てまいりました。

あまり浮ついた様子もなく、何が凄いかというと

一人一人に想いが有り

ストーリーがしっかりしている為、全員に感情移入してしまいます。

 

三人女性だから、ハーレムだ!

なんて安易なお話ではありません。

そこにいることに一人一人に意味があって、とても見ごたえがありました。

 

まさやんオススメランキングでは間違いなく上位に来る漫画の一つです。

 

その他『オススメ漫画』

 

その他 オススメ漫画

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です