乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった(漫画 あらすじ)画像有

スポンサーリンク

こんにちは!
まさやん(@0206maron)でございます!

本日は『 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』のみどころ、漫画 あらすじ(画像有)をお話していきたいと思います。

物語の主人公は女性。
前世で大好きだった【ゲーム】に類似した異世界に転生してしまう少女。
転生した【キャラ】は、悪役令嬢だった。
バッドエンドを避けるために、様々な行動を起こす。

バッドエンドを避けるためにとはいえ、節々で見せる【強い女性の姿】や、思ったことをすぐ実行に移せる【行動力】であったり、気持がいいくらい真っ直ぐな性格な主人公。

その姿を見た周りの評価もゲームでの評価とは全く違うものとなっていき、様々な恋愛フラグが立っていくのもまたみどころ。

女性が主人公の異世界漫画をあまり読まないまさやんでしたが、この漫画を読んで【読み応えがあった】ことがきっかけで、異世界×悪役令嬢にハマっております(笑)

では 『 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』の漫画 あらすじ(画像有)を簡単にまとめていきたいと思います。

漫画 あらすじ

『やばい、寝坊!!遅刻遅刻!』
『 いってきまーす!!』
今どきの女子高生とは思えない身だしなみで家を飛び出す少女。
家をでた後、交通事故で少女は命をおとした。

という前世の記憶を先程頭を強く打った拍子に思い出した。

その女の子の名前は【カタリナ・クラエス】
年齢は8歳
クラレス公爵家の一人娘として生まれ。
蝶よ、花よと育てられたせいか『高慢ちきなお嬢様』として育った。

【というのがゲームの設定】

血を流し過ぎたのか、カタリナはその場で倒れてしまう。

次に目を覚ました時はベットの上で眠っていた。

目を覚ました時、ジオルド王子がお見舞いに来ており、とても心配そうにカタリナの横に付き添ってくれていたようだ。
そして、【傲慢なカタリナ】に謝罪をしに来たようだ。

とても不安そうな顔をしているジオルド王子。
その姿を見ながらカタリナが
『今回のことは全て自己責任。』
『むしろジオルド王子を始め、城の方々に迷惑をかけたため、こちらが謝罪をしなければならない所です。』

そういったカタリナに驚くジオルド王子。
それはそうだ、先程まで傲慢であった少女が突然しおらしくなったのだから。

この時カタリナは前世(17歳の女子高生)であった時の記憶が戻った影響で、8歳の少女と同等の感覚で、偉そうなふるまいをすることにためらいすら覚えていた。

額に傷がある。

貴族社会でこれは大問題である。
将来の婚姻関係を結んだり、社交場ではそうなんだでは済まされない。

そういった難しい話をジオルド王子よりされたカタリナ。
え・・・めんどくさいんだなぁ。
程度に話を聞き流してしまっていた。

・・りな様
カタリナ様!

話を聞いていなかったカタリナにジオルド王子が呼びかける。
やばい、聞いていなかった!と薄ら返事をしたカタリナ。
最後に王子が『では、そういうことでよろしいでしょうか?』

と聞かれ、何も聞いていないのにカタリナは空返事で
『はい、わかりました』と言ってしまった。

ジオルド王子はその返事を聞いて、体調が整ってから再度挨拶に来ると言い残し去って行った。

『お嬢様!おめでとうございます!!』

カタリナ専属メイドの【アン】が、カタリナに駆け寄ってくる。
実はカタリナが空返事をしたのは『王子との婚約』の話であった。

王子は女性のおでこに傷をつけてしまったことに責任を感じ婚約を申し込んできたのだ。

なんてこった・・・
その後、一人になったカタリナはこんな傷一つで婚約かぁ・・・
なんて事を考えていると、ふと前世の記憶を思い出す。

カタリナ・クラエス侯爵令嬢!?

悪役じゃん・・・

実はこの世界、カタリナの前世でやっていたゲームそのままの世界。
前世の記憶を元に一つずづ思い出していくことにした。

カタリナ、バットエンド

  1. 嫉妬から主人公をナイフで襲おうとする。
  2. ジオルドに返り討ちに合う
  3. 命を落とす。

カタリナ、ハッピーエンド

  1. 主人公に犯罪まがいの嫌がらせ
  2. 犯罪者として身分剥奪
  3. 国外追放

あれおかしい・・・
どっちもバッドエンドではありませんか??

この世界が本当にゲームと同じか確認しなきゃ・・・
そう考えたカタリナは、色々な書物を読んだり、人物の名前を照らし合わせたり。
調べれば調べるほどゲームに類似しているこの世界。

同じだと認めるしかないようだ・・・
そしてカタリナの脳内討論が始まる

『第一回カタリナ・クラエス破滅エンド回避のための作戦会議』

王子に返り討ちに合わないようにするためには!?
主人公を苛めなければいいのでは??
ジオルド王子の婚約を破棄すればどうだろう??

等々様々な討論を始める脳内の色々な性格のカタリナ。
数分討論を続けた結果。

結論!!

いざというときのために剣と魔法を覚え、自衛の手段を得よう!

ということで、脳内カタリナが一致団結したところで、脳内討論会は終了した。

早速魔法の勉強を始めることにしたカタリナ。
得意な属性は土。

魔力を高めるには、土と仲良くなる必要が・・・
カタリナが出した、土との仲が良くなる方法は『農業』
土と触れ合うことで、土と仲良くなれる!という作戦。

令嬢とは思えない姿で、鍬(クワ)を振り上げ畑をひたすら耕すカタリナ。
無我夢中で畑作業をこなす・・・・

そんな作業着姿のカタリナの元に突然ジオルド王子が現れた。
作業着姿なのに!?
少し焦るカタリナ、しかしジオルド王子は動じてはいなかった。

作業服のまま慌てるカタリナに対し、改めてジオルド王子が求婚をする。
カタリナの前に跪き
『このような場所で大変申し訳ありませんが、私との婚約お受け頂けますか?』
そういって手を伸ばした王子。

するとカタリナは『あ、はい』そう言って、その雰囲気に流されるまま王子の手を取ってしまった。

しまった!!このままではバットエンドまっしぐらだww
とりあえず、あしたから更に剣と魔法を頑張ろうと強く思うカタリナであった。

こうして始まった悪役令嬢としての第二の人生。
無事カタリナはハッピーエンドを得ることが出来るのだろうか??
少女の奮闘はこれからも続く。

その他 おすすめ 漫画

異世界漫画 ランキング 2019年

https://mannga-wo-osusume.com/isekaimannga-ranking-2019/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です