ネクストライフ(あらすじ)

スポンサーリンク

ネクストライフ(あらすじ)
異世界転生系のお話。

主人公が好きでやっていたゲームの世界と同じ様な世界に転生してしまう。
そこで出会った優しい少女、魔物のお蔭で言語を覚え、生きながらえることが出来る青年。

とはいえ、出会った少女と魔物の組合せは少しいびつな関係に見える。
そこには理由があった・・・

では、ネクストライフのあらすじに参りたいと思います。

漫画 あらすじ

『・・司・・・・隆司!!』
青年二人が雪山で遭難していた。

片方の青年が、一生懸命起こしていたようだ。
隆司は、少し気を失っていたようだ。

二人は少しでも楽しい話をしようとVRのMMOゲーム『F・O』の話をしていた。
その話の途中に隆司はどんどん意識が遠のいていってしまう。
『隆司!・・う司!!・・・・』

そしてしばらくして、隆司は気が付いた。
雪山にいたはずなのに、森の中
ここが天国か・・・・
なんて感傷的になっていた隆司はとりあえず顔を洗うために、水辺を探した。

そして、顔を洗うために乗り出した水辺に映っている自分の顔は全く別人だった!
誰だこれは!?

よく見たら服もなんだこれ!?
ゲームで来ていたローブに似ている。

もしかしてここは、ゲームの中なのかな??
ログアウト、メニュー画面を試すも表示は何もされない。

・・・・魔法ならどうだろう?
そういって『ファイア』と唱えてみると
あたり一面を焼き尽くすような炎がでた!!

すぐに『ウォーター』の魔法を使い消化をする。
ただのウォーターの魔法なのに、雨が降り注ぐほどの威力。
なんだこれは・・・と空を見るとそこには太陽が二つあった。

二つの太陽があったということは、あのゲームの世界なきがするんだけどなぁ・・・
なんて考えていたら
背後から突然女の子が現れた!
女の子はとても慌てた様子。

隆司は
『驚かせてごめん・・・』
同時に女の子も喋りだす。
『%&○△※△×■@△!』

!?言葉が通じない・・・
二人とも一生懸命話をしようとするも通じない。

隆司は『テレパス』の魔法をしようして、意思の疎通を図れないか試す。
しかし、通じない言葉を二人で脳内で話しているだけで、意思の疎通は図れなかった。

すると隆司のお腹が鳴る。
それを聞いた少女は、手を引き、指を刺しながら笑顔で誘導する。
察して何か食事をくれるのかな?
隆司は特に警戒することなく付いていった。

そこには木の洞窟の様になっている家があり、その中に案内された隆司。
中に入ると丸太を横に倒したような椅子があった。
そこに座って待つように誘導された隆司。
少女はすぐに果物を持ってきてくれ、隆司の隣に座った。

二人はリンゴの様な植物を食べながら、食事を楽しんだ。
すると、少女は何かに気づいたように席を立ち、家の入口の方へ向かった。

そこには、オークコボルト
モンスターが2体いた。

少女が危ない!!
そう思った隆司は慌ててモンスターに魔法をかける。
『スタン!!』
麻痺引き起こす雷系統の魔法だ。

少女が近くにいたが、上手くモンスターだけ狙い撃ちできた隆司。
心の中で『よし!!』と小さくガッツポーズをする。

すると、少女が怒ったような視線を隆司に向ける!
そして、モンスターをかばう様な仕草を見せる。
『×△○■!!%&○△!!!』
少女は一生懸命何かを訴える。

その姿を見た隆司は察した。
このモンスターは少女の友達なのだと

隆司はすぐに少女に頭を下げ謝る。
すぐに『エグザミン』(診察)で二人の状態を確認。
『キュア』(回復魔法)で二人を回復させた。

言葉は通じないが、一生懸命頭を下げる隆司の気持ちが通じたのか、少女が説得してくれたのかは分からないが、オークもコボルトも隆司を許してくれたようだ。

こうして始まった、四人での奇妙な共同生活。
三人の協力もあり、どんどん言語を覚えた隆司
そんな隆司の異世界ライフを描いた物語です。

漫画 みどころ

①少女の秘密

少女の名前は『アネット』である。
この世界で、人間と魔物が共存しているのはとてもレアケースである。

では、なぜアネットは魔物と暮らしているのか?
それは、彼女の『特殊能力』にある。

その特殊能力のせいで、忌み嫌われ、親にも見捨てられたアネット。
彼女は種族に関係なく、ただ純粋に優しかっただけなのに・・・

少しネタバレしてしまいましたが、アネットの過去・今の現状については、こんな優しい少女を追いつめるこんな世界なんて!!
と思わせられます。

是非隆司に世界の在り方を変えてもらいましょう!!

 

②隆司の魔力

話の流れ上、隆司はアネット達と離れて暮らす数日間がある。
その間に様々な事があるのですが

その中の一つで、もう絶対あるあるのやつですね。
絡んでくるんです。
領主お抱えの魔法使いが絡んでくるんです。

それがまた嫌味な感じの魔法使いで、隆司以外の魔法使いに対しては本当に圧倒的なのかもしれません。
かもしれませんが・・・・

隆司にかかったら、朝飯前どころか寝起き前くらいですね。
そんな隆司の万能&圧倒的な魔法はみどころの一つです。

 

③絵が綺麗!

思わず手を伸ばしたくなる表紙の絵!
少し試し読みをしても分かるのですが、アネットが可愛いw

それだけのために買ってもいいんじゃないでしょうか・・・(笑)

 

おすすめ 漫画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です