大正処女御伽話(漫画 あらすじ)

スポンサーリンク

大正処女御伽話(漫画 あらすじ)
大正の時代のお話

お金持ちの家に生まれた『珠彦』。
事故により、右手が不自由になり田舎に追い出されてしまう。

田舎の御屋敷で一人暮らす珠彦のもとに、父が『買った』嫁が来る。
最初は買ったことに対する嫌悪感・親に捨てられて荒んだ心・そして女性慣れしていない珠彦。

そんなところにどんな形であれ嫁いできた少女が、とても真っすぐで愛らしく、愛情の深い少女であった。
そんな少女に触れることで珠彦の心は少しづつ救われ、前向きな考え方が出来る様になっていく。

そんな二人の純愛と成長を描いた物語です。

では大正処女御伽話の漫画 あらすじに参りたいと思います。

漫画 あらすじ

少女が来てから、一か月が経った。

ガラガラ!
風呂の扉を開けた 珠彦 。
すると少女が先に入っていた。

『だ・・だめ球彦様、見ないで~』
と体を隠す少女
『見てない!見てないぞ!』
そう言って慌てて外に出る珠彦

『先程はおみぐるしいものをお見せしました』
そういって少女が珠彦に謝罪をすると、珠彦は
『別にみていない、目が悪いのであの距離だとぼやけて見えない』
と少し突き放すような雰囲気で話す。

『あ、そうそう』
そういって少女が取り出したのは珠彦の股引だ。
少女は球彦の股引(下着)を縫って、珠彦に渡そうとすると
顔を真っ赤にして、恥ずかしそうに
『よく男の下着が縫えるな!』
言われてみればそうだと思ったのか、それを聞いた少女も頬を真っ赤にして恥ずかしそうにする。

『いや、恥ずかしがるの遅いから。』
そして珠彦は
『もうひとりにしてくれ』

そろそろ食事が・・・と言われても
『いらない』

私来てからちゃんと食べていないじゃないですか。
ちゃんと一緒に食べないと・・・
少女がそう言って心配してくれいるにも関わらず

とても冷たい視線で
『食欲なんて無い』
そう言って部屋に籠ってしまった。

珠彦は
こんなはずではなかった・・・そんな気持ちでいっぱいなのであった。

・分限者(お金持ち・財産家)の家に生まれた球彦

・愛情以外は何不自由なく過ごしてきた。

・ある日の事故にあい、母と右手の自由を失った。

・それを機会に父から見放され、田舎の屋敷で暮らすよう言われる。

・父から、嫁を買ってやるし、家もやる、養ってもやるから養生して来いと嘲笑われた球彦

・そのため、どんどん心が沈んでしまった球彦

・今の暮らしが終の住処としか思えず、嫁を貰ってもそんな気持ちにはなれなかった。

なのに、少女はとても一生懸命で真っ直ぐ。
心が沈みきっている上に、思春期の男子に突然嫁と言われても対処に困る珠彦。

この後この少女は珠彦の拒絶を押切り、着物を着たまま珠彦の背中を流すため入ってくる。
その真っ直ぐな姿勢、押しの強さに負けた珠彦。
背中を流してもらうこととなる。

恥ずかしながらも、背中をながしてもらう珠彦。
色々なことを考えながら、この少女を見ていると
あまりに天真爛漫な姿に
『君には悩みなんてないのだろうな』と言ってしまう。

さすがに言い過ぎたと思った珠彦。
振り返り少女の様子を伺う。

『まぁひどい!!わたしだってありますは』
『二つも!!』

え?
二つしかないならいいんじゃ・・・

『その二つは私にとってはとても大きな悩みなんです』
(少女)

『ならその悩みを聞いても?』
(珠彦)

絶対に誰にも言わないでくださいね!
そう言って少女は髪をほどいて見せた。

とてつもないくせ毛だった少女。
これが一つ目の悩みです。
あまりに可愛らしい姿と、可愛らしい悩み事だった。

その姿をみた珠彦は久しぶりに笑顔を見せた。

こうして少し距離が縮まった二人。
この後、ご飯を食べていなさすぎた珠彦はお腹の音を聞かれてしまう。
お風呂から上がったら二人で食事をする約束をする。
(少女が嫁いでからは一度も一緒に食べていない)

そんな少女の姿をみた珠彦は

ユヅは本当に気に食わない。
せっかくこのまま衰えて、つまらない人生を終わらせようとしていたのに
ユヅがきてからは怒られたり、笑わせられたり、如何せん腹が減る様になった。

こうして二人の夫婦生活が始まった。

漫画 みどころ

①珠彦の変化

当初ユヅに対してとても冷たかった珠彦。
食事さえ一緒に取らない生活をしていた。

しかし、そんな珠彦に根気強く話しかけ、日々の世話を焼き、明るく前向きに接してくれるユヅの姿に少しづつ影響を受け、前向きさを取り戻していく珠彦。

珠彦の姿を見ていると、自分を見ているようでどこか共感できてしまいます。

男性は・・・と言っていいのか、どういしても辛いことがあったとき自分の殻に閉じこもってしまいます。
そこを愛情で包み込み、立ち上がらせてくれる。
それが女性だと思います。

女性の力は偉大です。
珠彦もユヅのお蔭で立ち上がり、自分自身の力で生活が出来るよう努力を始めます。
愛の力って本当に絶大です。

②ユヅの秘密・・・

すでにあらすじでお話したのですが、一つ目の秘密は『くせ毛』でした。
あらすじをよく読んでください。
ユヅは秘密は二つあると言っています。

実はユヅこの二つ目だけは絶対に珠彦に言わないんです。
なんでか??
そこは読んで知って頂きたい!!

まさやん的には、全く予期せぬ方向の秘密でした。

なんだろう、え・・・何その秘密最高やん・・・
って感じです。

とはいえ、一つ目の悩みもそうですが、なんせ天真爛漫で可愛いです。
この漫画を読めば読むほど、応援したくなります。

その他 漫画 おすすめ

https://mannga-wo-osusume.com/2018/10/29/post-172/
https://mannga-wo-osusume.com/2018/11/14/%e6%ad%bb%e7%a5%9e%e5%9d%8a%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%a8%e9%bb%92%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89%ef%bc%88%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%99%e3%81%98%ef%bc%89/
https://mannga-wo-osusume.com/2018/12/31/%e4%bf%9d%e5%ae%89%e5%ae%98%e3%82%a8%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%98%98%ef%bc%88%e6%bc%ab%e7%94%bb%e3%80%80%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%99%e3%81%98%ef%bc%89/

その他 オススメ漫画 カゴテリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です