アルテ【あらすじ 感想】

こんにちは!
まさやん(@Ur2Oz)でございます。

この記事では簡単なあらすじとみどころをご紹介!


アルテ
【あらすじ】

舞台は、16世紀初頭のフェィレンツェ。

この物語の主人公【アルテ】貴族の女性。
この時代では珍しく自立心の高い。

女性なのに、自立心の高いアルテは『女性だから』という言葉を嫌い、そんな女性を男性の所有物のように扱う世の中にに正面からぶつかっていく。
清々しくてとてもわかりやすい性格、そんな彼女に対し世間はそんなに優しいものではない。

アルテにとってはとても生きにくい世の中。
そんな世の中で一生懸命自分を貫き、生きようとするアルテの人生を描いた物語。

ここが気になる!

女は飾り?

今とは違い、女性が仕事をするということが考えられなかったこの時代。
女性が幸せに暮らすには、良縁に恵まれる必要が。

そのためには【支度金】が必要だった。

父を早くに亡くしたアルテのお家にはそれを用意することが出来ない。
そんな中、我が娘であるアルテは絵にご執心。

どうなることやら・・・・



アルテ

女性は飾り。
幸せのためには結婚するしかない。
女性が仕事をすることはありえない。

そんな考え方の世の中に疑問を抱くアルテ。

『絵の仕事がしたい!』

そう考えたアルテは、様々な画家に体当たりで弟子入りをお願いするも断られてしまう。
女性を弟子にした画家も笑われてしまうからだ。

絵の仕事を諦めないアルテに希望の光が!?


弟子入り出来るのか??

するとある画家の男性が現れ、アルテの話を聞いてくれる。
この画家の男性、偏屈で一人も弟子がいない。

他の画家は、絵すら見てくれなかったが・・・
この男性は真面目に見てくれた。

『条件をクリア出来たら弟子にしてやる。』

そう言われてその条件をクリアするため頑張るアルテ。
しかしその条件は、決してクリアできるものではなかった。

【断る口実】だったのだ・・・

女性に厳しいこんな世の中で、仕事をする!
そんな強い気持ちだけを持って行動するアルテの物語。




【漫画をお得に】読もう!

【週間 漫画 ランキング】in異世界

応援クリック【ポチッ】とお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です