復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる(漫画 あらすじ)

スポンサーリンク

こんにちわ!
まさやん(@0206maron)でございます!

本日は『復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる』のみどころ、漫画 あらすじについてお話させて頂きます。

外国人モデルの母と外交官の父の間に生まれた瑠璃。
容姿は勝ち組と呼ばれる側・・・のはずが
瑠璃を超える可愛さを誇る少女あさひが横にいたため、あまり目立たずにいた。

とはいえ、二人は幼馴染でとても仲良し?
いつも一緒な二人は大学生になったある日異世界に転生される。

その世界では巫女様の召喚される。
あさひが巫女様とはやし立てられ、瑠璃はのけ者。
あげく、あさひがあまりにも瑠璃になついているのに嫉妬した王子にどこか知らない森に捨てられてしまう。

はたして、瑠璃はこの異世界で生きていけるのだろうか??

では『復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる』の漫画 あらすじについてお話させて頂きます。

漫画 あらすじ

ここは地球と似ているようで似ていないそんな世界。
地球にはいない生き物が生活し、その中でもっとも龍族が強いとされている。
そんな世界で。
私が何してるかって言ったら・・・

『竜王の膝の上で惰眠をむさぼってます。』

そもそも私、森川瑠(モリカワ ルリ)は

日本の普通の女子大生だった。
とはいえ、外国人モデルの母と外交官の父を両親に持ち。
日本人らしい顔ながらも両親ゆずりの容姿端麗さで人生勝ち組とガッツポーズを取りたくなる身の上だった・・・・が・・・

そこで運を大いに使ってしまったらしい。
その境遇は無邪気に幸せと呼べるようなものではなく。
度重なる不幸に見舞われることとなる・・・・

この女のせいで・・

その彼女の名前は『篠宮あさひ』。
隣に住んでいる幼馴染。
小さいころから、可愛いねと色々な人に可愛がられていた。

まだ幼稚園の頃。
あさひは自分の人形を持ってるにも関わらず、瑠璃の人形も欲しいと言い出した。
瑠璃は当然断る。

するとあさひは泣き出してしまう。
すると周りは、瑠璃が渡さないのが悪いと責められてしまう!
可愛いだけでそれが正義だと言っているかのような状況に疑問を感じていた瑠璃。

小学校でもあさひが瑠璃の真似をして髪の色を染めてきたら。
先生に瑠璃が、あなたの髪の色が悪いと怒られ。

そんなことが中学校、高校と続き、こんな生活やだ!!
必死に勉強をし、超難関大学に受かる。
(もちろんあさひは落ちた。)

心でガッツポーズをしていた瑠璃。
いざ大学が始まると、下宿先のマンションに何故かあさひはいた。

人生終わった・・・
大学が違うのに毎日あさひと投稿をする日々。

こうなったら次は黒魔術にでも試してみるか?
なんて考えていたら、周りに小さな光の粒が現れる。
瑠璃には見えているのに他の人には見えていない。

その光に瑠璃が触れると『リィン』と音が鳴った。

何が??
すると、突然物凄い光に包まれる!!

気付いたらそこは異世界でした。

『巫女様が!巫女様がおいで下さったぞぉぉぉ!!』
『儀式は施工だ!!やったぁ!!』

異世界の人で、召喚の儀式をしたであろう人々が喜んでいる。
そして『巫女姫様!』と異世界の人が手を掴んだのはあさひであった。

その稀なる色彩!もっとも魅力的!あなた以外ありえません!

そういうと、盛り上がる人たち。
あさひもまんざらでもない様子・・・
これは、ここにあさひを置いていって、私は自由になれるチャンスなのでは!?

そう考えた瑠璃は、そこにいた神官に元の世界に戻る方法を確認すると、巫女ではないからか、とても態度が悪く『そんな方法あるわけないだろ』と一蹴されてしまう。

巫女姫である、あさひの友人ということでお城でそこそこいい暮らしをさせてもらっていた瑠璃。
異世界で暮らしていくための勉強をしているのに、あさひが相変わらず瑠璃ちゃん瑠璃ちゃんとよってくる。
とりあえず、調べていくうちに分かったことは『魔法』があるということ。

ある日・・・

巫女姫ともっと仲良くなりたい王子は、瑠璃とばかりするのに嫉妬し、無理やり罪人にでっちあげ瑠璃を追い出してしまう。
そして『隠れの森』と言われる森に一人追放されてしまう。

森の中で一人ロープで縛られたまま放置される瑠璃。
ある程度予定通りの展開。
サバイバルも別に苦手じゃない瑠璃。
しかし、ロープをなんとかしないと・・・

『ぷつん』

なぜかロープが切れた。
明らかに何か刃物のようなもので切断したかのよう。

『リィン、リィン』

あの時の音がする。
呼んでるようにも聞こえる・・・まさかね?
とはいえ、何が鳴ってるのかな??

気になる瑠璃は音のする方に歩き出す。
特に宛もなく、鈴の音のする方に・・・

木の実を取ってみたり、川の水を飲んでみたり、色々な事をしながら歩き進める瑠璃。
あさひがいないのが余程うれしいのかどこか楽しそう。

なんとなく、城にあった本で読んだ地図に載ってた方向的には北東にある『亜人』の住む大きな国に近づいてると思うんだけどなぁ。

というか、私も魔法が使えたりしないのかな?
使えたら便利なのになぁ・・・
こう・・火が、ぼわっと!

そう言うと、瑠璃の手から炎が飛び出した!
何今の!?!?
すると、『リィンリィン』鈴の音が凄い大きく大量に聞こえてくる。

鈴!!!
うるさい!!!
いったいなんな・・の!

と振り返るとそこには大きなイノシシがいた。
神様、私がいったい何をしたというのでしょうか。

イノシシから逃げる途中で竜のおばあちゃんに出会い、助かる瑠璃。
その出会いが龍との出会いの始まり。
竜王との出会いまで繋がっていく。

はたして瑠璃は、あさひに付きまとわれる日々は終わるのか??
瑠璃の波乱?ながらも自由な異世界暮らしが始まる。

その他 おすすめ 漫画

https://mannga-wo-osusume.com/2018/12/04/%e8%81%96%e5%a5%b3%e3%81%ae%e9%ad%94%e5%8a%9b%e3%81%af%e4%b8%87%e8%83%bd%e3%81%a7%e3%81%99%e3%80%82%ef%bc%88%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%99%e3%81%98%ef%bc%89/
https://mannga-wo-osusume.com/2018/12/12/%e7%95%b0%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%a7%e3%80%8e%e9%bb%92%e3%81%ae%e7%99%92%e3%81%97%e6%89%8b%e3%80%8f%e3%81%a3%e3%81%a6%e5%91%bc%e3%81%b0%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%99%e3%80%82%ef%bc%88/
https://mannga-wo-osusume.com/2019/01/26/orenchinikitaonnnakishitoinakagurashi-mannga-arasuji/


その他 オススメ漫画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です