ファミリアクロニクル~ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか~(漫画 あらすじ)

スポンサーリンク

こんにちは!
まさやん(@0206maron)でございます!

これもまた『ダンジョンに出会いを求めるのは間違いっているだろうか』
のスピンオフ作品!!

ファミリアクロニクル
(ダンマチ詳しくは
コチラ

あるファミリアの残党。
辛い過去を背負いし少女の物語。
そんな様々な物を背負って生きる彼女は、酒場『豊穣の女主人』の一員として働いている。

本作主人公は、リュー・リオン
『大賭博場(カジノ)』に売られてしまった少女アンナを取り戻すべく、カジノの闇に挑む。
ダンマチとはまた違った形のドキドキを楽しめる物語。

では、ファミリアクロニクルリューの漫画 あらすじに参りたいと思います。

漫画 あらすじ

とある酒場

そうだなぁ、お前さんがもし頼る当てもなく本当に困ったなら
『豊穣の女主人』って店に行きな。

そこで一杯酒を買って泣きわめいたらもしかしたら助けてくれるかもしれねぇ。
・・・・・・・・

あのバカみてぇに強え店員の中でも恐ろしく強くて

生真面目で
潔癖な

本物の要請みてぇに綺麗な女がよ

ここは迷宮都市(オラリオ)
広大な下界において唯一の地下迷宮(ダンジョン)を保有し
繁栄してきた『世界の中心』として名高い大都市

私はそんなオラリオに居を置く酒場『豊穣の女主人』の雇われの身だ。

身の丈に迫る長さの木刀を素振りをしているエルフの女性。
【リュー・リオン】

素振りでは物足りない様子。
豊穣の女主人で働く他の女性達もそこそこ腕がたつため、また相手をして貰いたいと思ったが、以前手合わせしたとき・・・・

二人をコテンパンにしてしまい
『リューとは二度とやらないよ!』
『この馬鹿エルフ!いつもやりすぎニャ!』
と怒られたため、もう頼めない。

‥‥では、冒険者のクラネルさんは‥‥
いや、クラネルさんは私の同僚【シル】の想い人。
シルを差し置いて二人きりで朝稽古など出来ない。

もう戻ろう・・・

そして、今日もとどこおりなく開店です。

すると、店内で女性の大きな声がする。
『じゃぁ何かい‥‥』

『あんたはアンナを売ったっていうのかい!?』

酒場は一瞬静かになる。

すると旦那が『売ったんじゃねぇ、取られたんだ・・・』
奥さんがすかさず反論する。
『同じ事だよ!!!だから賭博なんて止めろって言ったのに!このだめ男!!』

その話を聞いたリューは心の中で
『娘を質にとは、あまり穏やかな話じゃありませんね・・』

すると、旦那が何見てやがる!と周りに八つ当たりを始めた。
しかし、ここ『豊穣の女主人』でそんなことをして許されるわけがない。
旦那はサクッと黙らさせられ、『豊穣の女主人』 女将【ミア】に首根っこを掴まれ外に放り出される。

リューの同僚たちが流石ミア母さんと感心する中、シルは奥さんに声をかける。
『ちょっと物騒な話が聞こえてましたけど、何かあったんですか?』

放りだされた旦那【ヒューイ・クレーズ】
奥さん【カレン・クレーズ】は今回の件について話し出した。

二人の話によると。
二人は夫婦で、魔石製品製造業と商店の手伝いで日々生計を立てているらしい。
しかし夫の賭博癖のせいで娘のアンナと家を失ってしまった。

夫がその時の手口を話し出すと、リューはその『手口』に覚えがあったらしく、反応を示す。
あなたたちの娘のことを聞かせてもらっていいですか?

娘の名前は【アンナ】
とても気建も良く、内気だがとてもいい娘。
この辺りでは凄い評判で、男神様達に求婚されちまったぐらいの人物。
近くの花やで働いていて、よく町に出て品物を届けに行っていた。

これを聞き、リューの中ですべてが繋がった。
気立てがよく美麗、神に見初められるほどの容姿。
人目に付く程度に町には出ていた・・・

娘(アンナ)はもとから狙われていた。

こういう依頼は【ガネーシャファミリア】に助けを求めて見たらどうかと尋ねるシル。
こんな届けは都市には毎日溢れていてすぐに取り合ってもらえっこない。
そう言ってあきらめる奥さん。

すると、奥さんの口から
『‥‥【アストレア・ファミリア】がいてくれたら‥‥』

アストレア・ファミリア

都市に『悪』がはびこっていた暗黒時代。
強きを砕き、弱気をたすけ、オラリオの秩序安寧に尽力した組織。

そして、かつてリューが所属していた。
今は無き正義のファミリア・・・・

リューはこの話を聞き、以前のこと、色々なことを考えてしまう。

‥‥止めた筈だ。
何も知らない他者の救済など。

見返りを求めない、無償の人助けなど。

自分の手が届くのは身の回りの者達だけ、それ以上も以下もない。

復讐という名の炎に一度身を堕とし
冒険者の地位も剥奪された自分に

正義を背負う資格はないのだから‥‥

でも・・・

リューは自然とこのことについて動き始める。
主人が負けたであろう博打場所へ一人向かう。
そこでマリアのこと、大賭博場の人間が裏にいること。

しかし、その話を『たまたま』聞いていたシル。
リューを手伝う。

過去復讐に身を堕としたことが心に引っかかるリューは自分は一人ではないと思わせてくれた。
そして、リューは仲間と共にマリアを取り戻す為、大賭博場の闇に立ち向かう。

その他 おすすめ 漫画

https://mannga-wo-osusume.com/2019/02/10/danjonnideaiwomotomerunowamachigatteirudaroukamanngaarasuji/
https://mannga-wo-osusume.com/2018/11/01/post-221/
https://mannga-wo-osusume.com/2019/01/15/%e3%82%a8%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac%e5%85%88%e7%94%9f%ef%bc%88%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%80%80%e6%bc%ab%e7%94%bb%e3%80%80%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%99%e3%81%98%ef%bc%89/


オススメ漫画 カゴテリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です