異世界薬局(あらすじ 感想)

こんにちは!
まさやん(@Ur2Oz)でございます。

この記事では簡単なあらすじとみどころをご紹介!


異世界薬局
【あらすじ】

前世が大学病院の教授であった青年。
患者の事を思い、日々薬の研究に明け暮れ『過労死』してしまう。

目が覚めた時異世界の子供【ファルマ】に転生していた。
『診眼』『物質創造能力』『前世での薬学の知識』
この三つを使い、薬学を発展させていく!?

人々のために。

そう強く願い医学を発展させるファルマ。
その根底にあるのは前世の妹への思いだった。

チート能力を持ちながらも、人に、世界に優しい少年の異世界物語が始まる。

ここが気になる!

世界観

前世より医学が進んでおらず、薬についてもまだまだ発展途上。

そんな世界に【前世の記憶】を持ったファルマは異端。
宮廷薬師である父にすら治せなかった病気を『薬学』を駆使し治してしまう。

その姿は、魔法ですぐ治してしまう!・・・・・・というものではなく

現代の医療とよく似た手段。
患者さんの様子を見ながら、薬を処方し、適切な時間をかけ治す。

とても素晴らしい姿に見えたが・・・・

その姿は、この世界の人からすれば異端。
受け入れがたいものであった!?


ファルマ

前世で妹との出来事により『薬学』について学ぶようになったファルマ。
俺と同じ経験をする人が一人でも減ってほしい。

そんな気持ちで研究に励むファルマ。

一つ一つの行動が丁寧で、優しい。
そんなファルマだからこそ、少しづつ世界に認められていく。

結果世界の『薬学』を発展させていくことになる!?


見ごたえ抜群!!

バトル要素は少ないけれども、圧倒的にチートな能力を有するのは見てわかる。
なのに、その力は人々を癒すために使おうとするファルマ。

その気持ちに惚れついてくる人たち。

自分が納得して仕事をしているのからなのか?
ファルマの下で働く人たちもどこか自信に満ち溢れ、話しているだけで幸福感が伝わってくる。

読むとすぐに読み終わってしまうほど夢中になれるこの漫画・・・必見!!


【漫画をお得に】読もう!

【週間 漫画 ランキング】in異世界

応援クリック【ポチッ】とお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です