Hulu(フールー)【評判】から分かる、メリットと注意点


こんにちは!
まさやん(@Ur2Oz)でございます。

この記事ではHulu(フールー)の評判について徹底調査!
そこからわかった【メリット】と【注意点】を分かりやすく解説。

他の月額見放題サービスと同様に『無料お試し』が用意されている。
しかし他社と比べその期間は長くはない。

その短い無料お試し期間をどう過ごすのか?
無料体験期間を始めてから『手探りで知っていく』では少し時間が足りない

であれば【事前に】ある程度情報を入手し、どこにポイントがあるのか??
それを知っておく必要がある。

Huluを上手く利用するためのポイント。
それを知るための【メリット】【注意点】についてお話してまいります。

▽ 動画で解説 ▽

Huluとは

・月額 933円(税抜き)

・50,000本以上の見放題

・作品が豊富(国内外ドラマ・アニメ・バラエティー・映画・等など)

・二週間の無料体験がある。

かなり幅広い作品を取り揃えている『Hulu』。
その数50,000本を超える。

その全てを月額933円で見放題が利用出来てしまうサービス。

無料体験期間もあり、手軽に始められる嬉しいサービス。

メリット

①50,000作品見放題


Huluでは、50,000作品が見放題なっており月額933円でこの量の動画作品が見られるのはかなりお得。

海外・国内外ドラマや見逃しジャンル等かなりの本数を取り扱っているのが特徴。

『Huluストア』

新しく『Huluストア』(R2/6/10より)が開始され、有料作品も取り扱うこととなった。

有料レンタルとなるが、お金を払ってでも最新作品を見たい人には嬉しいサービスが始まる。

②複数アカウント作成可能


Huluでは『マルチプロフィール』という機能がある。

これは、1つの契約につき6つのプロフィールを作成することでそれぞれが独立したアカウントとなる。
そのためそれぞれの人に合わせた設定とすることが出来る。

一番嬉しいのは、視聴履歴が別々であること。

自分の胸の中にしまっておきたい視聴履歴。
なんてのは誰にでもあるはず。

せっかくの見放題サービスを思いっきり堪能するためにも、マルチプロフィール機能利用しよう!

③視聴制限


視聴制限が細かく設定されており。

・G
(誰でも見れる)

・RG-12
(12歳未満には不適切な内容が一部含まれている)

・R15+
(15歳未満の年少者は観覧禁止)

・R18+
(18歳未満の年少者は観覧禁止)

の4段階があり、段階によって視聴制限をかけることが出来る。

視聴制限をかける方法は『マルチプロフィール』作成時に設定した『生年月日』で判断される。
そのため、別に特別な設定の必要がない。

アカウントを作成しただけで『視聴制限の有無』が決まるので、とても簡単に設定できるのが特徴。

オフライン視聴可


事前にWi-Fi環境のある場所などで『ダウンロード』しておくことで、オフラインの状態でも動画の視聴が可能となるサービス。

【注意点】

スマホ・タブレットでしか対応していない。

パソコンでは利用出来ない。

保存期間は30日間

最大25作品まで

パソコンでは利用出来ない以外は特に問題のない注意点だが、ふとしたときに上手く利用出来なければ、そういえばと思い出してもらえればいい。

この動画ダウンロードサービスが実はHuluを上手く利用していくためのとなる。

利用方法も合せてよく知っておこう。


▽ 登録はコチラ ▽

 

Hulu注意点


Huluの利点についてお話をしてきましたたが、やはり少し注意するべきポイントもいくつか存在します。

これらを事前に理解し、利用することで有意義にHuluを利用することが出来るので、おさえておきましょう!

同時再生不可

1つの契約で複数アカウントを作成したとしても『同じタイミング』で視聴が出来ない。
誰かが利用していたら、他の人は利用出来ない。

これは、このサービスの欠点と言わざる終えない・・・・

しかし、裏技ではないが同じタイミングで視聴する方法がないわけではない。

『事前にダウンロード』しておくことだ。
事前にダウンロードしておくと、他の人が見ていようが見ていなかろうが、関係なく視聴が出来る。

Huluストア作品の有効期限

Huluストアでレンタルする『有料作品』には有効期限がある。

有料作品はあくまでレンタルのため、返却日がある。
レンタルの有効期限は『購入した日から30日間』となっており、30日間であれば何度視聴しても問題ない。

しかしあくまで30日間のレンタルとなっているので、有効期限を過ぎれば見れなくなるので注意しよう。

回線の混雑に弱い

人が良く見る時間帯であったり、少しでも回線が弱かったりすると他社に比べて動画の挙動が悪くなったりする回数が多い印象。

そういった評判も多く見られた。

とはいえ、これも正直問題はない。
『事前にダウンロード』しておけばいいのだ。

そうすることで回線の混雑なんて関係ない。
ということになる。

最後に


933円でこれだけの量の見放題作品を揃えているHulu。
お得であることは間違いない。

最後に紹介した『注意点』についても、ダウンロード機能を利用すれば解決できる問題。

要は使い方ではある。

50000作品見放題で、見逃しジャンルに強いHulu。
せっかく【無料体験期間】があるので、一度ためしてみよう。



まさやんのブログ『まさトピ』
動画『まさやんチャンネル』では

月額サービス
【評判】【使い方】【注意点】【比較】

などを分かりやすく解説。
お時間のある方は、併せてどうぞ。



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です