Amazonプライム【支払い方法】~お得な支払いをみつけよう~


こんにちは!
まさやん(@Ur2Oz)でございます。

この記事ではAmazonプライム【支払い方法】につてい解説。

Amazonプライムの支払い方法はいくつかある。
クレジットカードでの支払いもその一つ。

そのクレジットカードの支払い方法でも、JCBカードを利用するのとVISAカードを利用するのとでは、JCBを利用した方がお得である。

なので、この記事ではどの支払い方法がお得なのか?
登録前に知っておきたい注意事項も含め、わかりやすく解説してまいります。

▽ 動画で解説 ▽

Amazonプライムとは


Amazonが提供している月額サービス。
かなりの数の特典がある。

  • プライムビデオ
  • プライムreading
  • プライムmusic
  • etc・・・

『動画見放題』『音楽聴き放題』『電子書籍読み放題』『お急ぎ便無料』『お家で試着』などかなりの特典がある。

月額500円年額4900円で利用が可能となっており、500円でここまで幅広いサービスを受けられる。

無料お試し期間が30日ついており、気軽に試すことが出来る。

そんなAmazonプライムの『支払い方法』はたくさんある。
その中でも選びかた使い方によっては、【無料】でAmazonプライムが利用出来るようになるものまである。

お得にAmazonプライムを楽しむためにしっかり押さえていきましょう!


Amazonプライム支払い方法

Amazonプライムの支払い方法は大きく分けて4つ

クレジットカード払い

キャリア決済

Amazonギフトカード払い

パートナーポイントプログラム

となっている。
では、それぞれどういったものなのかを解説してい行きます。

クレジットカード

Amazonプライムの支払い方法で利用出来るクレジットカードは

VISA

Master card

JCB

American Express

Diners card

の5つのカードが利用可能。
日本のクレジットカードであればほぼ利用出来る状態である。

これらは一度登録しておくと【自動で更新】されるようになっており、わざわざ更新のタイミングで入金しないのは楽。

そんなクレジットカード払いの中で注目したいのは『JCB』である。
これを上手く利用することで、Amazonプライムが【無料】利用出来る可能性がある。
(詳細は記事下、パートナーポイントプログラムで説明)


キャリア決済

携帯電話の決済と一緒に支払う決済方法。
クレジットカード同様一度登録してしまえば【自動で更新】されるので楽。

このキャリア決済は

docomo払い

auかんたん決済

の2つが可能。
SOFTBANKやYモバイルではキャリア決済が出来ないので注意しよう。

Amazonギフトカード

登録時にギフトカードでの支払いを選択して登録する方法。
ギフトカード自体はとても手に入りやすく。

コンビニ

家電量販店

オンラインストア

etc・・・

と手軽に手に入る上、現金での支払いの為『お金の管理が容易』になる。

とはいえ注意点もある。

  • 無料体験期間がない
  • 登録前に500円以上の残高が必要

無料体験がないのは正直勿体ない。
30日間(ほぼ1ヶ月)無料の期間がなくなってしまう

更新時も残高が必要となり、Amazonの残高の管理も必要となってくるため、少々手間だと感じてしまう。

出来ればクレジットカードで登録をするようにしよう。

パートナーポイントプログラム

JCBで貯めた『oki dokiポイント』を利用してAmazonプライムの会費を支払う方法がある。

これは、Amazonでよく商品を購入する人におすすめの手法。

  1. 『oki dokiランド』を経由しAmazonの商品を購入。
  2. そのことにより、oki dokiポイントが貯まる
  3. そのポイントを使ってAmazonプライムをお支払い

ということが可能。

『oki dokiポイント』

1000円で1ポイント貯まる。

1ポイント = 3.5円

年間費4900円 = 1400ポイント

よくAmazonなどで買い物をしていて『oki dokiポイント』が貯まっていると、ポイントを使うことで【無料】でAmazonプライムを利用することが出来る。

Amazonプライム注意点

①登録時のタイミング

Amazonプライムの更新日は、登録した日となる。

登録日 翌月更新日 翌月以降の更新日
4月10日 5月10日 毎月10日
4月20日 4月20日 毎月20日

となる。

そのため、いつAmazonプライムを始めても【登録日が更新日】になる。
更新日が固定の月額サービスであれば、初月にロスがあることが多いが、Amazonプライムにはそれがない。

いつ登録しても損はしないので安心。

②解約時の返金

登録はどのタイミングでも損はない。
しかし、解約はタイミングが大事になってくる。

Amazonプライムは解約には

  • 次回の更新をしない
  • 今すぐやめる

の二択があり、『今すぐやめる』を選択することで返金が行われる。
その返金の基準が要注意

返金の基準は

日割りでの計算ではない

Amazonプライム利用状況による。

利用状況に合わせて自動計算される。

となっている。

そのため
かなり利用しているのであれば利用月は使いきる。
全く使っていないのであれば、即解約でも問題ない。

解約の金額は、解約手順の途中で確認出来るようになっている。
解約前に金額をきっちり知れるので、それを見てから判断できる。

解約はタイミングが重要となるので注意しよう。

最後に

支払い方法は4つ

JCBカードの貯まった『Oki Dokiポイント』で会費を支払える。

登録はいつ始めても損しない。

解約はタイミングが大事。

色々な支払い方法や注意点についてお話してきましたが、人それぞれ状況があって、学生だからクレジットカードをなかなかもてなかったり。
諸事情で携帯決済しかしたくない。

など、様々な事情の人がいるだろう。
一番は『自分にあった使い方』をすること。

納得できる利用方法を見つけて、自分なりの利用をするようにしていこう。

▽ 今なら30日無料体験 ▽


まさやんのブログ『まさトピ』
動画『まさやんチャンネル』では

月額サービス
【評判】【使い方】【注意点】【比較】

などを分かりやすく解説。
お時間のある方は、併せてどうぞ。



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です